デザイン

デザイン

データのインポート・エクスポートに便利!WordPressのプラグイン6選

571 views

データのポータビリティについて、必要になるまで考えないという人が多いのではないでしょうか。しかしながら、Web上の記事や商品の注文情報など、多くのデータはデータベース上に存在しており、それらの情報のインポートやエクスポートが容易ではないことも多々あります。

WordPressの場合、プラグインを使うことが優れた解決法となります。以下、データのインポート・エクスポートのためのWordPressプラグインをご紹介します。

 

 

1.WP All Import

WP①

WP All ImportはWordPress向けにつくられていないCSVやXML(顧客が作成したものや、他のCMSからのファイル)をインポートすることができるプラグインです。ファイルの形式が決まっていないため、通常なら時間がかかる作業を簡単に行うことができます。動揺にエクスポート用プラグインもあります。

 

 

 

2.WP Ultimate CSV Importer

WP②

配列形式のデータ(投稿、ページ、コメント、ユーザー、カスタムフィールド、SEO情報など)をインポートすることができます。エクスポート用プラグインもあります。また、URLから画像をインポートすることも可能です。

 

 

3.Import Users from CSV with Meta

WP③

もしインポートしたいユーザーデータ量が多い場合は、このImport Users from CSV with Metaが役に立ちます。新しいユーザーデータのインポートのみでなく、既存ユーザーデータの更新も可能です。

 

 

 

4.Customizer Export/Import

WP④

オプションの多いテーマを使用している場合、WordPress Customizerでテーマを再度設定することは骨の折れる作業ですよね。

Customizer Export/Importは他のサイトから設定をエクスポート/インポートすることを可能にするため、作業が簡単になります。

 

 

 

5.Export All URLs

WP⑤

すぐにあなたのWordPressサイトの全タイトル、URL、カテゴリーが必要ですか?Export All URLsを使うと、対象情報をリストアップしたページがウェブサイト上に作られます。データをエクスポート、タイプごとにカテゴライズすることも可能です。

 

 

 

6.Simple CSV/XLS Exporter

WP⑥

Simple CSV/XLS Exporterでは、エクスポートするデータを細かく指定することができます。例えば投稿タイプや指定のフィールド、ユーザーIDなどから指定が可能です。

 

 

 

ご紹介したプラグインを使うことで、WordPressのデータをよりポータブルにすることができます。結果、デザイナーにとってもサイトのオーナーにとっても管理が簡単になるでしょう。

 

 

 

 

※本記事は、10 WordPress Plugins for Importing and Exporting Dataを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事