デザイン

デザイン

【驚愕】2017年にeコマースサイトのUXデザインはここまで進歩する!?Web開発者は要チェックの7トレンド

267 views

2016年も早くも年末年始が見えてきました!年末年始と言えば、クリスマス/お正月の年末商戦ですね。

 

もちろんeコマースサイトにとっては最高の売上を上げるチャンスですが、年末年始期間は売上を上げるのに忙しく、2017年の戦略を練る時間がないと思われます。そこでeコマースサイト運営者はもちろんWeb開発者の方も今後主流になりそうなUXデザインの7トレンドをここでご紹介しましょう。

 

【1】 豊富な視覚効果とビデオ

ecommerce-trends_product-video-940x418

もしパーティーに来て行くために探していた背中の大きく開いた赤いドレスの大きな画像が画面に表示されたら嬉しいですよね?様々な角度から撮影されたドレスの映像が見れるともっといいですよね。大きな画像や映像は消費者に美しくて、魅力的な経験をもたらし、eコマースサイトには必須のものになっています。

 

しかし2017年のトレンドは、トップページの大きな画像や映像ではなく、個別の商品ページでも必要とされるでしょう。

 

【2】画面が小さくなるとスクロールが長くなる

ecommerce_long-scroll-e1479274667367-276x480

長いスクロールがeコマースサイトで支持を集めています。スマホでのサイト閲覧が一般的になり、商品数も多くなるにつれ、限られた画面スペースを有効に使うにはスクロールを活用することがベストな選択肢になっています。

 

2017年にはスクロールを行うジェスチャ(指で記号を描くことによってブラウジングの操作ができる機能)が登場するでしょう。また、スワイプでスクロールがより操作しやすくなり、タップよりも素早くできるようになるでしょう。

 

スクロール、視差効果、そしてアニメーションによって、消費者が短時間で多くの情報を見て、eコマースサイトの商品の特徴を理解してもらうことを助けてくれます。

 

【3】オムニチャネルが唯一の正解、モバイルサイトをまず最初に

ecommerce_mobile-540x480

多くの消費者がパソコンよりもスマホをショッピングに利用しているので、多くのブランドがモバイルサイトを最優先にしています。トレンドは、レスポンシブデザインとプログレッシブWebアプリに向かっています。

 

Webサイトは、最初スマホ向けにデザインされて、その後大きな画面用にレスポンシブ化または最適化されていきます。

 

【4】eコマースサイトが独自のSiriを持つ

ecommerce_dynamic-search-874x480

 

2016年はJavaScriptやAjaxによる直接検索で製品をすぐに表示させる機能が注力されていました。直接検索機能は、それぞれの製品をすべて表示せずに特定の商品をすぐに検索することができるので、多くの商品を有するサイトには特に重要でした。

 

ecommerce_chatbots

技術の進歩によって、声での検索やデジタルアシスタントが進歩していることにみなさんも気づいていることでしょう。企業はカスタマーサービス分野で革新的な方法を実験しており、UberはFacebookのメッセンジャー機能を使ってタクシーを呼ぶことのできる機能を導入しました。

 

2017年には仮想的な店員がショッピングシーンに登場し、よりお客様に個別化された対話式のオンラインショッピング体験をもたらすでしょう。お客様の購入前、購入後のカスタマーサポートとして、機械による自動発言システムが簡単な質問や購入に関する助言をするようになるでしょう。

 

【5】対話式ショッピング = マテリアルデザイン + カードデザイン + アニメーション

ecommerce_cards-795x480

GoogleはダイナミックマテリアルデザインによってAndroidを整備しました。鮮やかな色、シャドー効果、動作、コンテンツに注力したアプローチは、eコマースサイトにとってマテリアルデザインは魅力的なものです。しかし2017年は、カードレイアウト、レスポンシブアニメーション、そして相互作用がeコマースサイトに深く入り込んでくると考えています。カードはレスポンシブデザインにおいて単なるナビゲーションで、消費者が非常に多くの製品カテゴリーや製品のリストに注目しやすくしてくれます。

 

ecommerce_animations-940x336

 

2017年は、多くのアニメーションや革新的な相互作用が登場し、消費者は素早いスワイプ、タップ、もしくはジェスチャ操作を使って購入するという場面を多く見ることになるでしょう。

 

【6】ビッグデータ分析による予測分析が適用されたショッピング

ecommerce_customize-940x476

eコマースサイトはお客様の購入パターンデータを分析し、お客様に個別化された商品をおすすめするようになるでしょう。将来的に、消費者はその人の好みに応じて最適化された自分ようのオンラインストアを持つようになるかもしれません。

 

2017年には消費者の閲覧ページや購入履歴をリアルタイムに分析し、最適な価格とおすすめ商品を提案してくるeコマースサイトがでてくるかもしれません。

 

【7】拡張現実と夢中になれる体験

ar_ecommerce_5-853x480

多くのeコマースサイトが、Webカメラ技術を使って、消費者が服やアクセサリーをつけて全身を見ることのできる仮想フィッティングルーム機能を導入してくるでしょう。

 

ショッピングは、画像や映像から仮想現実を使った仮想ショッピングに移っていくでしょう。このことは、消費者が商品と感情的に結びつくことができるので、オムニチャネルショッピングへの移行が進んでいくでしょう。

 

 

未来のショッピング

夢中になれる体験、機械による自動発言システムカスタマーサービス、個別化されたショッピングサイトなど、2017年のショッピングは楽しいものになるでしょう。

 

eコマースサイトの競争は激しいですが、ブランドはお客様のカスタマージャーニーマップを描き、お客様が何を求めているかを把握することが重要です。お客様と長期にわたりよい関係を築くことができるUXデザインのトレンドはほんの一握りですよ。

 

(※本稿は「Top 7 eCommerce UX Design Trends to Look out for in 2017」を翻訳・再編集したものです)

関連記事

おすすめ記事