デザイン

デザイン

【今年こそスキルアップ】2017年にフロントエンド開発者が学ぶべき7つのこと

874 views

すべてのことがとてつもないスピードで進む現代において、私たちは最新のものを試したり、それについて議論したりしています。

でも、今年は「変わらないこと」にも注目してみませんか?

仕事のクオリティや価値、そして新しいツールへの理解も向上させることができますよ。

 

今回は、フロントエンド開発者が2017年に学ぶべきこと7選をご紹介します。

 

 

 

 

リーダブルコードの書き方を学ぶ

開発者の仕事の大半は、新しいコードを書くことではなく、既存のコードを修正することです。

つまり、コードを書くより読むことの方がずっと多いのです。なので、コードは次のプログラマーに対して最適化する必要があります。

 

こちらがオススメの本です。

 

 

 

 

 

 

2017developer%e2%91%a0

より深く学ぶ

毎週のように新しいJavaScriptのフレームワークが出てくると、言語そのものではなくフレームワークを学んでしまいがちです。

もしフレームワークを使っているけれど、どう機能するのか理解していなければ、一旦止まって言語を学びましょう。

 

 

 

 

 

関数型プログラミングを学ぶ

何年もの間JavaScriptを学びたいと思ってきたのに、今はもうその必要がない。

それはみんな関数に興味があるためでしょう。

HTMLでさえ関数(JSX)を使って書いていますよね。

 

 

2017developer%e2%91%a1

 

デザインの基本を学ぶ

フロントエンドデベロッパーは誰よりもユーザーに近い存在にあります。

デザイナーより近いかもしれません。

もしあなたが使うピクセルを、デザイナーが全部確認しなければならないのであれば、デザインの基本を学べというサインかも。

 

 

 

 

 

人と働く方法を学ぶ

人間と働くよりもコンピューターと関わるほうが良いから、という理由でデベロッパーになった方もいるかもしれません。

でも残念ながらそういうわけにはいきませんよね。

私たちは孤立して働くことができないし、開発者、デザイナー、マネージャー、さらにユーザーとも話さなければいけない。

大変なことだけれども、もし自分がやっていることやその理由を本当に知りたいのなら、これは大切なことなのです。そこに開発者の仕事の価値があるのですから。

 

 

 

 

 

 

 
2017developer%e2%91%a2

 

人に分かるように書く方法を学ぶ

同僚とのコミュニケーションの大半は、テキストを使います。

タスクの説明、コメント、コードのコメント、ギットのコミット、チャットメッセージ、メール、ツイート、ブログの投稿…

これらのテキストを読んで理解するのにどれくらい時間をかけているか、想像してみてください。

 

もっと明確かつ正確に説明することができれば、仕事もうまく進むことでしょう。

 

 
 

 

 

 

昔ながらのコンピューターサイエンスの知恵を学ぶ

フロントエンドの開発者は、ドロップダウンメニューでもはや喜んだりはしません。

前に比べて複雑になっているし、悪名高き「JavaScript疲れ」はタスクの複雑さからきています。

でもこれはつまり、フロントエンドではない開発者たちが長年築き上げた「知恵」を学ぶ時ということでしょう。

 

 

 

 

皆さんは2017年に何を学びたいと思っていますか?

 

 

 

 

 

※本稿は「2017 is the year that front-end developers should go back and master the basics」を翻訳・再編集したものです。

 

 

 

関連記事

おすすめ記事