デザイン

デザイン

カラーパレット作成ツール12選【使いたい色の名前が分からないときに!】

656 views

カラーパレットの生成ツールを知っておくと、いろいろな場面で活躍してくれます。ツールは主にウェブデザイン向けですが、他のデザイン業務でも応用できます。たとえば、使いたい色があるのに名前やコードがわからない、といった経験はありませんか?そんな悩みを解決してくれるツールもしっかり揃っていますよ。今回は便利なカラーパレット生成ツールを12個紹介します。

 

 

  1. 1.Colors.co:超高速カラースキーム生成ツール

無料のカラーパレット生成ツールです。さまざまな色のコンビネーションをさっと生成して使うことができます。

color①

 

 

  1. 2.Paletton:カラースキームデザイナー

こちらのツールも手軽に使えておすすめです。

color②

 

 

  1. 3.Adobe Color CC

Adobeの提供する定番ツールです。ログインすればカラーパレットを保存することも可能です。

color③

 

 

  1. 4.Color Hunt

複数のパレットから好みのものを選べる生成ツールです。こちらも好みのパレットを保存する機能がついています。

color④

 

  1. 5.Color by Hailpixel

マウスカーソルを動かすだけで色が生成される、ユニークなツールです。カーソルの動きで色の明るさやトーンを変え、マウスホイールで彩度を切り替えられます。

color⑤

 

 

  1. 6.Sip

iPhoneとMacで動作するアプリケーションで、画像から色を生成して保存できます。保存した色の管理や共有も簡単です。

color⑥

 

 

  1. 7.Colour Code

こちらもマウスカーソルを使ったツールで、生成した色をSCSS、LESS、PNGでエクスポートできます。

color⑦

 

 

  1. 8.Cohesive Colors

簡単なステップを踏むだけでオリジナルのパレットが作れます。

color⑧

 

 

  1. 9.Palettr

画像から生成されたカラーパレットを見つけられるツールです。気になる単語で検索するだけで、素晴らしい色が見つかります。

color⑨

 

 

  1. 10.Mudcube Color Sphere

大きなスライダーで細かく調整しながら色を作れるツールです。作った色はAIもしくはACO形式で保存できます。

color⑩

 

 

  1. 11.PerBang.dk

2つの色を選ぶだけで簡単にグラデーションを生成できるツールです。

color⑪

 

 

  1. 12.Color Supply

さまざまな色の組み合わせを作り、Hexコード付きで出力してくれます。ウェブデザイナーには特に嬉しいツールでしょう。

color⑫

 

 

 

色で何か困ったことがあれば、きっとこれらのツールが解決してくれるでしょう。新たなインスピレーションを得るのにも最適です。

 

 

 

 

※本記事は、20 Best Color Palette Generators for Web Designersを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事