デザイン

デザイン

【マーケティングを兼ねたスマートなサイトデザインのすすめ】効果的な準備中ページを作成する9つのルール

526 views

完成されたWebサイトは、現今ビジネスをすすめていくうえで必要不可欠です。しかしそれに劣らず重要な役割を「カミングスーン」のページが果たしうるということをご存知でしょうか。効果的なカミングスーンページであれば、それだけでバズを起こすこともあるのです。

正しい要素をきちんと組み込めば、制作途中ですでに成功と言えるようなWebサイトを作ることができます。

それではどんな「カミングスーン」が効果的なのでしょうか。

本記事では、9の具体例に即してどんなページが「効果的」なのか考えていきます。

 

1.カウントダウン

ローンチ前のサービスページはどのようなコンテンツを表示すればよいでしょうか?ひとつのアイディアとして、ローンチの日時を知らせるカウントダウン機能を実装させるものがあります。こうすることによって、見込み客となる来訪者にPRすることが出来ます。

countdown

 

2.Emailを集める

ベーシックなコミュニケーションツールですが、Emailは今でも有効なマーケティング手法です。ページに訪れた見込み客からメールアドレスを集めることで、情報を提供しながら、ローンチ後までつなぎとめることが出来ます。

 

3.プレセールス

本格的なサービスや製品のローンチ前に、注文を受け付けることはファンと企業の双方にメリットがあります。ローンチの準備がある程度できているのであれば、プレセールスを行わない手はありません。

masseffect

 

4.ソーシャルメディアの告知

ソーシャルメディアを見込み客に公開し、ファンを集めることが出来れば、ローンチ後の助けになることは間違いありません。

 

5.ブランドデザイン

準備中ページもそのブランドの一部と考えられ、来訪者の印象に影響を与えます。ブランドイメージを反映したページデザインを心がけると効果的です。

 

6.シンプルなテキスト

文字は情報を伝えるための基本的なツールです。しかし、煩雑で大量の文字は逆に拒絶を起こしてしまいます。準備中ページには、そのサービスやプロダクトのセールスポイントやブランドがわかるようなシンプルなコピーを使うことをおすすめします。

 

7.プトインフォームの最適化

煩雑で魅力のないアカウント作成やサブスクリプション申し込みのフォームはユーザーにとって、アクションの妨げになります。ユーザーにとってどのようなメリットがあるかを正確に伝え、シンプルにアクションを促すことができれば理想的です。

 

8.映像の活用

all-features

映像コンテンツは文字よりも効果的な場合が多々あります。視覚的にわかりやすくコンセプトなどを伝える場合には、とても優れたマーケティングツールとなります。もし、映像コンテンツを準備できるのであれば、準備中ページのコンテンツとして、来訪者を惹きつけることが出来ます。

 

9.ローンチに期待を抱かせるコンテンツ

interesting-coming-soon

準備中ページの最大の目的は、来訪者を顧客やファンとして獲得することです。ローンチ前の来訪者に期待を抱かせることが出来れば、その後の展開も有利に進めることが出来ます。マーケティングはローンチ前から始まっているので、準備中ページのコンテンツに力を注ぐことをおすすめします。

 

まとめ

 

Webサイトの「準備中」ページは、時間が止まったようなスタティックなものであってはいけません。単なるプレースホルダーのように考えるのではなく、バズを起こすことを狙ったマーケティングの武器として積極的に利用すべきなのです。以上のサイトを参考に、マーケティング力のあるページを構築しましょう。

 

(※本記事は、9 rules effective “coming soon” pages followを翻訳・再構成したものです)

 

関連記事

おすすめ記事