デザイン

デザイン

UXデザイナーの仕事の範疇とは?UXデザイナーの提供できるものを分野ごとに紹介!

222 views

UXデザイナーは優れた体験のために、さまざまなものを制作します。あまりに多岐にわたるため、彼らの仕事がどんなものか、少々混乱してしまう方もいるでしょう。今回はUXデザイナーが私たちに提供してくれるものをまとめました。

 

 

ユーザーリサーチ

・ペルソナ

ペルソナは製品を使用するユーザーを想定して作られた架空のキャラクターです。ペルソナがあれば、デザイナーはユーザーの思考をたどりやすくなります。

ux①

 

 

・ユーザーフロー

製品中で特定のタスクを達成するため、どのような道筋を通るのかをわかりやすく図示したものです。改善の余地のある箇所を特定するのに役立ちます。

ux②

 

 

・エクスペリエンスマップ

ユーザーがたどる複数のステップをダイアグラムとして示したものです。各段階におけるユーザーの動機や要求を形作ることができます。

ux③

 

 

・ユースケース

アプリ内でユーザーがどのようにタスクを行うかを文章で表現したものです。ユーザー視点からは、ユースケースはアプリの振る舞いを示しているように見えます。

ux④

 

 

・ストーリーボード

ストーリーをイラストで表現したものです。UXでは製品を使用するユーザーが起こす行動を指します。機能を実世界のシチュエーションに置き換え、ユーザーをより理解することが目的です。

ux⑤

 

 

 

市場調査

・競合調査

競合製品の長所や短所、搭載された機能などを比較する調査です。業界標準を理解したり、革新の余地を探す際に使われます。

ux⑥

 

 

 

デザイン

・ムードボード

製品のスタイルへとつながる画像や資料を集めたものです。短時間で製品のイメージを伝えるために制作されます。

ux⑥

 

 

・スケッチ

紙とペンでアイデアを図示したものです。製品のコンセプトやデザインのアプローチをチームメンバーと共有する際に役立ちます。

ux⑧

 

 

・ワイヤーフレーム

ページの構造や階層、中心となる要素を表したガイドです。デザイナーや開発者の作業を補助する役割があります。

ux⑨

 

 

・プロトタイプ

最終製品のシミュレーションもしくはサンプルで、製品の立ち上げ前に使用されます。仕上げの前に時間とお金をかけずに製品をテストするのが目的です。

ux⑩

 

 

 

テスト

・定量調査

結果として数値が現れる質問のことです。ユーザーの満足度を素早く測定し、フィードバックを集めます。

 

 

・ユーザビリティレポート

ユーザビリティにおける発見を明確かつ正確に記述し、製品の問題点や解決策を特定するためにまとめられます。深刻度に従い、デザイナーは相応の対策を取ることが求められます。

 

 

 

 

このように、UXデザイナーの仕事は非常に多彩です。彼らと共に仕事をする際にはその役割を知っておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

※本記事は、A Complete List Of UX Deliverablesを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事