デザイン

デザイン

Webデザイナー向けまとめ記事!「Adobe MAX」で新しく発表されたアップデートをご紹介

169 views

今ではデザインのためのソフトウェアはたくさんリリースされていますが、Adobeは頭一つ抜けた素晴らしいソフトウェアを提供し続けています。

先日行われた、Adobeのイベント、Adobe MAXでは同社クラウド製品の様々なアップデートや変更が発表されました。皆さんはもうチェック済みでしょうか?

 

今回は、世界中のデザイナーを驚かせたAdobeの発表を紹介いたします。

 
 

Project Felix

画像の合成作業はPhotoshopでは多くの時間を必要とする作業で、映像、広告、アートなどを手掛けるデザイナーは避けては通れませんでした。

 

Project Felixはそんなデザイナーの悩みを解決するために、Photoshopの画像調整機能と3D機能を開発・強化しました。

 

0-x8cjmvcsflwsd_ri

 

同アプリケーションには新しく提供画材が追加されており、さらにテクスチャーを変更することが簡単になりました。Lighting機能も兼ね備えており、背景に画像をドロップすると光の方向を計算し影が付いたり、色の強弱が変わったり自動で補正してくれます。

 

百聞は一見にしかず。こちらからプロモーションビデオをご覧いただけます。

 

 

 

Photoshopユーザビリティー向上

Photoshopのアップデートでは新しくサーチバーが追加されました。

 

サーチバーではショートカットキーを調べたり、ドキュメント、ポートフォリオ、チュートリアルなどから情報を瞬時に検索することが出来ます。この機能はAdobeになれていないユーザーでもわからないことに対して、瞬時に解決策を探し出すことが出来るので大幅な作業効率アップにつながります。

 

その他の小さなアップグレードとしては、Adobe XDとの互換性強化、クラウド機能の追加、Adobe Stockのテンプレートへのアクセス簡略化、レイヤープロパティの表示変更、新しいフォントの対応などがあります。

 

 

Dreamweaver刷新

前々から期待されていたDreamweaverのアップデートがついに実現しました。

 

大きな変更は“デベロッパーモード”が追加されたことです。これで、ユーザーはWebサイトをコーディングで開発すると同時に、Dreamweaverの特徴でもあるビジュアル操作の画面でプロジェクトチームなどに共有できるようになりました。他のアップデートされた機能を以下にまとめます。

 

・Emmetのデフォルトでの利用

・ブラウザーでのライブビュー

・Quick EditとAdobe Bracketsからの新機能

 

 

Adobe XDのコラボレーション機能強化

近々、同製品は作品を仲間と共有した際に活用できるコメント機能が利用できるようになります。

さらに、デザインスペックやデザイン仕様をクラウドを通して共有できる機能が実装されます。驚くべきは、Google Driveのように作品の進捗などをメンバーとリアルタイムで共有する機能です。

 

0-6_alm3hfckygtz5n

 

 

以上、「Adobe MAX」で発表されたアップデート情報になります。

まだ開発中の機能もありますが、今後のアップデートからも目が離せません。

 

 

この記事は「All the best stuff for web designers announced at Adobe MAX」を翻訳・参考にしています。

関連記事

おすすめ記事