デザイン

デザイン

「70%の時間はプロジェクトメンバーとして働いている」Airbnbの現役UI/UXデザイナーへのインタビュー

344 views

すでに日本にも上陸している人気スタートアップの【Zendesk】のプロダクトデザイナーであり、シンガポールのグルメ情報を配信する【Burpple】の共同創業者でもあるサンフランシスコ在住のElisha Ongさんが、シリコンバレーの縁もあり、AirbnbのUI/UXデザイナーであるAlvin Hsiaさんへインタビューをしたそうなので、ここでご紹介します。内容はAirbnbのデザイナーチームの構成や、会議の様子、他の部署との協働についてです。

 

Alvin Hsiaさんへのインタビュー

1-_8hvZ2e97XXaQSJWPyjqug

 

Q. AirbnbのUI/UXデザインチームは何人で構成されていますか?

――今は50人で働いています。去年に比べると二倍の規模になりました。

 

Q. OKRはチームではどのような役割を果たしていますか? またどのように計測しているのでしょう?

――全てのプロダクトチームとそのサブチームには年間OKRが設定されており、そこから四半期ごとの目標を設定します。たとえば、ゲストを担当しているチームでは2016年に何日間予約されたかというのが指標になり、ホストを担当しているチームでは、全体の何パーセントを五つ星評価にしよう、というものです。

 

Q. デザイナーは何を基準に自己評価をしているのでしょう?

――2通りあると思っています。ひとつは、チームの利益や目標達成度を見て、プロジェクトが成功したかどうか。そしてもう一つは、新しいことを学び、スキルアップし、個性を伸ばせているか、ということです。最高のチームならどちらも得られる機会はあると思います。

 

Q. プロジェクトマネージャー、他のチームのデザイナー、エンジニアなどとはどのくらいの頻度でディスカッションが行われるのでしょうか?

――ほとんどのAirbnbのデザイナーは7割程度の時間をプロジェクトマネージャーやエンジニア、研究者、データサイエンティストと過ごしています。大体一日に2回は、並列して兼任しているプロジェクトのメンバーとディスカッションをする機会があります。デザイナーのチーム同士に関しては、週に一度、短時間で意見交換を行う時間を設けられています。この会議はGoogle Slideを使って行われます。

 

Q. プロダクションデザイナーとUI/UXデザイナーの違いを教えてください。

――プロダクションデザイナーは私たちデザイナーやエンジニアが働きやすいように新しいツールを開発したり、ワークフローを作ったりしています。私たちUI/UXデザイナーは彼らが提供してくれる新しいプラグインや内部ツールを常に試しながら、作業プロセスの改善を行っています。プロダクションデザイナーは、ユーザーの問題を解決するデザインを提供する私たちにとって無くてはならない存在です。

 

Q. それでは、プロダクションデザイナーはどの場面でユーザーと繋がりを持っているのでしょうか?

――プロダクションデザイナーは、UI/UXデザイナーと古いデバイスを持つユーザーとの架け橋となっていると言えるでしょう。彼らはアンドロイドやタブレットなど様々な種類のデバイスに精通しているので、ウェブデザインが端末ごとにどのように表示されるかを理解しています。また、近年では、実際に使うデータをプロトタイプにインポート出来るようにしてくれました。そのおかげでより効率的なテストが行えるようになりました。

 

 

以上になります。

世界的に注目されていて、会社の規模が年々大きくなっていくAirbnbらしい答えではないでしょうか?今後もAirbnbの動向には注目していきたいと思います。

 

この記事は「How Airbnb Bridged Cross-functional Teams」を翻訳・引用したものです。

関連記事

おすすめ記事