デザイン

デザイン

【Webデザインにおける色の心理学】色の持つ効果と適切な使用方法を紹介!

282 views

色は人間の感情を変化させる美しいものです。 私たちは物事を見て、色を使って同様の物を区別します。 私たちは、見たときに異なる感情を作り出すオブジェクトとして色を感じます。 人間の脳の視覚系で生成される色。 実際の生活では、色は存在しません。 私たちは頭脳を使って色を作ります。つまり、色は主観的なものです。

 

デザインにおいて、色はユーザの注意を引く重要な機能を果たします。 色はユーザーのために新しいものに出会うときに覚えるべき最も簡単な側面です。デザインの色は常に製品のブランディングと関連しています。 製品のデザイナーは、製品が何であるかを伝える手段として色を使用します。 ほとんどの場合、ユーザの購入アイデアは色によって大きく異なります。色の心理学においてかなり重要な事実があります。

 

 

ファクト01:色の好みは性別で変化する

ジョー・ハロックの調査結果によると、色を選択するときに性別の間には差があると言われています。

研究によると、男性と女性の両方に青色は人気があり、オレンジ色は男女ともに最も嫌われた色でした。この研究では、男性はボールドカラーを好み、女性はソフトカラーを好みました。

 

男女それぞれで最も好まれた色

 

男女それぞれで最も嫌われた色

 

 

これらの発見の詳細は、デザイナーがアプリケーションで可能な限り青色を使用し、オレンジ色を少なくする傾向がある理由を、製品設計に当てはめるときに理解できます。 しかし、ユーザの好感度をサポートするだけではなく、ユーザの品質と動作を向上させる色を使用することは常に有効です。

 

 

 

ファクト02:色の使用は製品やサービスによって異なります

アプリケーションのデザインにおいて、ほとんどの人々は購入前に色を見ます。 例えば、Gショックの腕時計は、ハードな使用と耐久性で本当に有名です。 ユーザがG-SHOWのウェブサイトにアクセスすると、腕時計の目立つものに対する信頼感が感じられます。

G-shockのウェブサイト

 

アプリケーションを使用するとき、色はユーザのパーソナリティを引き出します。ここでは、G-shockが大胆な色を使っていることが分かります。この色は、非常にプロフェッショナルではなく、クールなものを手に入れたい人の注目を容易に掴みます。

 

 

ファクト03:色は製品を認識可能にする

製品のデザインは、理解可能であるだけでなく、発見可能でもあります。私たちの頭脳は常にすぐに認識できるブランドに焦点を当てています。魅力的で魅惑的な商品を作成するには、ビジネスアイデア、個性、感情に合った色を適切に使用しなければならず、競合他社とは異なります。多くの研究は、直接の競合相手に対処するためには色が重要な事実であることを示しています。

食品や飲食業界では、色の使用が本当に一般的です。デザイナーはユニークな色に強く基づいて製品の外観を使用します。マクドナルド、KFC、スターバックス、その他の有名なレストランでは、多くの店舗で独自の色とデザインに重点を置いています。

 

ケンタッキー・フライド・チキンがどのようにアプリケーション内で色を使用しているか

 

マクドナルドのアプリケーション内における色の使用

 

スターバックスのアプリケーション内における色の使用

 

 

重要なことは、色自体に焦点を当てるのではなく、色に対する顧客の反応を理解し、焦点を当てることです。 あなたの色は、あなたが顧客に与えようとしているものの目標を達成するはずです。

 

 

 

どのように色がデザインに影響を与えるでしょう?

色の心理学がデザインにどのように影響しているかを示すために、次の例を見つけました。

 

青は、製品デザインで最も一般的に使用される色の1つです。 青い色は、信頼、安全、リラクゼーションなどの感情を与えると考えられています。

青にはさまざまな色合いがあり、さまざまな感情を作り出します。 淡い青色は落ち着き感などの感情を作り出し、ユーザにリフレッシュ感を与えます。 青い色は幸福にも関連しています。 通常、澄んだ青い空は、その幸せ感と親しみをユーザに与えます。 親しみやすいという事実を利用することによって、信頼がユーザに向け創造されます。

 

 

ピンク

ピンク色はキャンディーや甘いものに関連する色です。 ほとんどの場合、それは多くの人々から「女の子の色」と呼ばれています。 ピンク色はあなたが思っているほど女性的ではありません。 遊び心と喜びの色です。

黒はスペクトル内で最も望ましい色の1つです。 黒色は力と形式を表します。 黒色はスペクトルの最も強い色であると考えられます。 黒のフォントは、他の色よりも適切な感情を創造できるため、白黒の時代から電子時代に至るまで存在しています。

 

 

赤は私たちに重要な感覚を与え、危険について私たちに知らせる色でもあります。

赤は、ユーザが特別な注意を払うべき場所でデザインと関連することがよくあります。 例えば、信号機では、交差点を止めたり、車両が前方に移動するのを止めるための指示として赤色を表示します。 同時に、赤色は愛と情熱の象徴とみなされます。 しかし、ほとんどの場合、赤はユーザがすぐに注意を必要とする場所で使用されます。

 

 

明白な理由のために緑色は、人間は環境や木、植物と関連する色を見つけます。 有機食品や飲料を販売する組織のほとんどは、そのアプリケーションに緑色を使用しています。 この色は私たちの目にとても自然なので、適切に使用されると注意を喚起します。

 

 

 

 

 

※本記事はColor, psychology and designを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事