デザイン

デザイン

【ロゴの「カラー」を決める】より良いロゴ・デザインのための「色」の組み合わせを考えるヒント

403 views

ブランド力がビジネスの生命線であることは議論の余地がありません。たとえ小さな商売でも、ブランド・アイデンティティを築くことができなければ、暖簾をたたむ羽目になるでしょう。

ブランド・アイデンティティの構築にとって、ロゴは重要な役割を果たします。ロゴは、ビジネスにおける顔のようなものです。見栄えよく、直ちに見分けてもらえるようなロゴが必要です。

そしてロゴの見栄えだけでなく、結果としてそれが表す会社にどのような印象が持たれるかにとって、色がとても重要になってきます。

本記事では、カラー・コンビネーションがファーム・ロゴのデザインにおいて与えられるインパクトについて解説しています。

 

 

1.色の組み合わせでより良いロゴデザインを

 

中小企業の経営やロゴデザインに携わる人であれば、色の組み合わせがいかにロゴの印象を大きく左右しているのか知っておきたいところです。ロゴは消費者を商品に引き付ける重要な要素のひとつなので、デザインの細部までこだわりましょう。

 

 

2.覚えておきたいこと

 

・形は慎重に選ぶ

見た次の瞬間には忘れられてしまうようなロゴでは困りますよね。そのためにはシンプルでありながら人の目を引き付けるようなものを選ぶ必要があります。逆に複雑すぎる形にしてしまうと、企業やブランドのメッセージが伝わりにくくなってしまうので、あくまで消費者に覚えてもらうことを意識しましょう。

・情報提供もしてくれるロゴが理想的

私たちはロゴを見たときに、自然と「このブランドはどこの企業のものだろう?何をつくっているのだろう?」といった疑問を持ちます。そうした疑問を解消してくれる情報がロゴに入っているのが理想的です。

・ロゴは変えない

トレンドによって商品のデザインやラインアップが変わることはあっても、ロゴまで変えてしまうのはNGです。せっかく作り上げてきた企業やブランドのイメージが商品と結びつかなくなってしまいますし、印象が薄れてしまいます。

・色の組み合わせでより良い印象にできる

色を上手に使えば、人に与える印象を操作することができます。例えば白は平和や清潔さ、緑は自然など、直接的な言葉を使わなくても色でメッセージを伝えることが可能なのです。

logo_color_02

 

 

3.色とロゴの関係

 

・白黒でもインパクトがあるか

色は間違いなくロゴのデザインにおいて最も重要な要素のひとつですが、だからと言ってその力に依存しすぎるのは禁物です。本当にそのデザインで良いのか決める前に、一度ロゴを白黒にして見てみてください。メディアによってはロゴを白黒でしか表示できない場合もありますが、それでも十分魅力的でインパクトのあるものになっていますか?立ち止まって見直してみてみましょう。

・色のコスト

カラフルなロゴは綺麗でインパクトはあるかもしれませんが、プリントするときにかなりのコストがかかってしまってもったいないです。最大でも2,3色に抑えることでコストを抑えるだけでなく、見やすいロゴに仕上がります。

企業やブランドのイメージカラーのようなものが既にあるなら、それをロゴに取り入れるのもおすすめです。

 

 

4.色の組み合わせを考える

 

・彩度の高い色は目立ちますが、見にくくなってしまったり主張が強くなってしまったりするので、取り入れるなら慎重に選びましょう。

・ロゴで色のコントラストをつけるのはあまりよくありません。

・地味で主張の弱すぎる色は印象が弱く、ブランドや企業をアピールできなくなってしまいます。

・ロゴにテキストが含まれる場合、暗い色で読みやすいようにしましょう。

・企業やブランドの持つメッセージ、商品の役割と矛盾しない色選びが大切です。例えば医薬品の色で灰色は使わないほうが無難でしょう。

 

色の選び方ひとつでブランドの将来が大きく左右されます。色の組み合わせが消費者に与える影響を上手く利用してロゴを制作しましょう。

 

 

※本記事は、How Color Combination Makes a Better Impact in Logo Designを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事