デザイン

デザイン

音楽からインスパイアされた!5つのおすすめフォント【デザインのインスピレーションに】

209 views

タイポグラフィ・アーティスト、サイモン・ストラットフォードは、バックストーリーを持つデザインの作成を好みます。彼のフォントMind the Gapは、毎日の通勤との「愛情/憎しみの関係」への賛美歌として、ステンシルとスプレー塗料で作られました。 Hitchcutは、ヒッチコックのノッドと、「めまい」のポスターです。 そして、Before Breakfastのフォントを作成しました-朝食前の10分で。

 

 

サイモンは、自分が常にタイポグラフィに魅了されていると言います。

彼はまた、自分のフォントと有名人の比較をするファンです。 彼はLittle Wonderを「カニエ・ウェストよりもビル・マーレイ」、In the Woodを「マリリン・モンローよりもマリリン・マンソン」、Munkyを「アダム・サンドラーよりもジェフ・ブリッジ」として描いています。

左から右に:リトル・ワンダー、インザウッド、ムンキーのフォント

 

 

音楽や歌詞に触発されたタイポグラフィ

サイモンのインスピレーションの一貫したソースは音楽です。 彼のポートフォリオは、バンド、歌、歌詞からインスパイアされたデザインで満たされています。フォントスタイルはアルバムのアートワークからインスピレーションを得て、面倒なタイプフェイスは音楽のムードとマッチします。サイモンのポートフォリオの5つのフォントと、それらの背後にある創造的な音楽のインスピレーションがここにはあります:

 

1.Fake Empire

インスピレーション:フェイク・エンパイア、ザ・ナショナル

このフォントは、ロックバンドのザ・ナショナルの曲「フェイク・エンパイア」にインスパイアされています。 作成するにあたり、サイモンは紙、糊、はさみの基本から始めました。 「これは、3つのコードを学習してバンドを形成する古いパンク・エートであるが、フォントを使っている」と彼は書いています。 最終的な結果は意図的に不完全です。

 

 

2..Mr. Blue Sky

インスピレーション:エレクトリック・ライト・オーケストラ – ミスター・ブルー・スカイ

1970年代にブルースカイを見逃していても、最近映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で注目を集めています。 キャッチーで、明るくて楽しいものです。 このフォントはこの雰囲気にマッチします。

 

 

3.Balham to Brooklyn

インスピレーション:バラムからブルックリン、トリノ・ブレークス

このレトロなノスタルジックなフォントには、アメリカのネオンサイン、ポップカルチャー、ノスタルジアなど、多くの影響があります。 「私はトリノ・ブレイクス・ソングから名付けました」とサイモンは言います。 “それは完璧なフィット感でした。 2つの場所は非常に対照的です。バラム、ロンドンからアメリカのブルックリン。 私の好きな飲み屋もバラムにあります。」彼はこのフォント用の短いアフター・エフェクト・アニメーションを作成しました。

 

 

4.Gilly Script

インスピレーション:ジギー・スターダスト、デイビッド・ボウイ

「ジギーはギターを弾いて、ウィアードとギリーとうまくやっている」は、デイビッド・ボウイの曲「ジギー・スターダスト」の歌詞で、ギリーのフォントの背後にあるインスピレーションです。プロクリエイトを使ってiPad プロでデザインされました。

 

 

5.Atomic Dustbin

インスピレーション:ネッズ・アトミック・ダストビン

英国の90年代のインディーズバンド「ネッズ・アトミック・ダストビン」にちなんで名づけられました。これはサイモンが「本当にファンではなかった」というバンドでした。 有名人の比較に忠実な彼は、 「もしこのフォントが有名人だったら、ジャスティン・ティンバーレイクよりもカート・コバインになるだろう」と言います。小文字のオプションはありません。

 

 

 

 

 

※本記事はDavid Bowie, ELO, and The National: 5 Fonts Inspired by Musicを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事