デザイン

デザイン

【デザイン・サンプル】2017年夏Webデザインとファッションの共通トレンド!「ウォーター・カラー」の使用例20選

1,226 views

今年のビッグ・トレンドは、なんといっても「ウォーター・カラー」(水彩絵の具で描いたような色合い)です。
個人的なブログやビッグ・ブランドから室内装飾やハイ・ファッションのデザインまで、あらゆる場面でウォーター・カラーの流行が見られます。Web design (and fashion) trends for summer

Web design (and fashion) trends for summer
ウォーター・カラーは、デザインに個性的で鮮やかで肌理細やかなタッチを与えてくれます。
本記事では、ウォーター・カラーを使用したデザインのサンプルを集めました。

 

フローラル(花柄)

 

1.Watercolor Roses
美しいバラの水彩パターンは結婚式の招待状やハンドメイドのアイテムなどに広く活用されます。

1

 

2.Watercolor flowers
花やハーブ、リボンなどはギフトにはもってこい。Tシャツなどにあしらっても絵になる柄といえます。

2

 

3.Sepia Flowers
ハンドメイド品や招待状、紙製品などに用いるとマッチするのがこのセピア色の花柄です。

3

 

4.Watercolor Flowers Pack
100種類のカスタマイズ可能な要素から選択できます。

4

 

5.Watercolor Enthusiast Graphic Kit
ハイクオリティな花柄デザインのイラストを提供してくれます。

5

 

6.FlorArt Watercolor Kit
30以上のスケッチデザイン要素から好きなものを選択できます。

6

 

7.Watercolor Collection
手でペイントしたようなデザインで、バラや葉っぱなどの要素を組み合わせて創造的なデザインを作り上げることができます。

7

 

8.Watercolor Floral Design Kit
40以上の水彩色のフラワーデザインとデザイン要素を利用することができます。

8

 

 

プラント&アニマル(動植物)

 

9.Watercolor Leaves Collection
その名の通り、水彩色の葉っぱやつるなどを模したデザインを利用することができます。デジタルデザインでもペーパーデザインでも重宝されます。

9

 

10.Watercolor Foliage
30以上の葉っぱを模したクリップアートと6種類の水彩色のデザインから選んで活用することができます。

10

 

11.Vector Watercolor Tropical Leaves
熱帯雨林地域に生息していそうな葉っぱを中心としたデザインが用意されております。葉っぱのデザインに凝りたい人におすすめです。

11

 

12.Watercolour Amazon Clipart
アマゾンの動植物などユニークなデザインとカラフルな色使いが特徴的なツールキットです。

12

 

13.Watercolor Zodiac
Zodiacとは星座を意味する英語で、その名の通り星座を模した生物のデザインを活用することができます。

13

 

14.Animal Zone
45パターンの水彩色が鮮やかな動物のコレクションです。

14

 

15.Watercolor Feathers
色々なデザインに使えそうな鳥の羽をコレクションしたハイクオリティなツールキットです。

15

 

16.Enchanted Watercolor Kit
膨大な数の花や植物、動物などの水彩色デザインがコレクションされています。

16

 

 

Everyday Objects(日用品)

 

17.Fairy Watercolors
水彩色が美しい日用雑貨やかわいぬいぐるみなどのデザインが収録されています。

17

 

18.The Bikes Set
自転車のデザイン要素に特化したツールキットで、ノスタルジーなデザインが特徴的です。

18

 

19.Retro Cars & Cities Streets
レトロカーと街の通りのデザインをコレクションした珍しいツールです。個性を出したデザインをしたい方におすすめです。

19

 

20.Tea Time
その名の通り、茶器やポットなどを模した水彩のイラストを多く活用できます。

20

 

いかがでしたか。

上のサンプルを参考に、ぜひ「ウォーター・カラー」を取り入れてデザインを考えてみてください。

 

 

(※本記事は、Web design (and fashion) trends for summer 2017を翻訳・再構成したものです)

関連記事

おすすめ記事