デザイン

デザイン

【ちゃんと説明できますか?】よく分かる!UIとUXの違いを解説

198 views

UIは分類できるが、UXはできない

具体的な例として、Icons8というウェブサイトを見ていきます。

以下の画像のように、アイコンのコレクションを作ることができます。

uiux①

 

UIとは何でしょう? – UIは、パーツごとに分けることができます。例えば、以下の画像で言うと、アイコンUI、カテゴリーUI、サーチUIなどです。

uiux②

それではUXとは何でしょう? – ユーザーエクスペリエンスはエンドユーザーの会社やサービス、製品とのかかわりに関するすべての側面を包含するものです。

 

 

具体的に見ていきます。

 

 

ジョンは上記ウェブサイト(Icons8)のユーザーです。彼は“再カラーリング”という機能をまず使いました。そしてその経験に基づき、同じ使い方を予期しつつ、アイコンを集める“コレクション”という機能を使いました。

このように、UXは異なるパーツに分けることができません。例えば“コレクション”という機能のUXはウェブサイト全体のUXの一部でしかないのです。

 

次に、UIは全ての人にとって同一ですが、UXはみんな違います。

ここに、新しいUI(Icons8の“コレクション”機能)を見た3人に対してインタビューした記録があります。ジョンは元々同ウェブサイトのユーザーであり、新しい機能も予測した通りだったため、素晴らしいUXを得ました。対してアリシアは期待する“コレクション”機能のタブを見つけることができず、残念なUXとなってしまいました。スティーブは毎日“コレクション”機能を使っていますが、ある日“該当するアイコンはありません”という画面が表示されました。これは残念なUXとなります。

 

 

このように、UXは全ての人にとって異なるのです。

 

 

同時に、異なる人々のUXを別々に考えることもできません。なぜなら、残念なUXとなってしまった人のためにUIを改造しようとすると、他の人のUXにも影響を与えるためです。他のユーザーのことを考えずに、一人のユーザーのための対策を取ることは絶対に行ってはいけません。

 

 

 

最後に

ネット上にUIとUXの違いに関する記事は溢れています。そのため、実例を挙げてUIとUXいかに近いものであり、同時に異なるものであるかを簡単に説明しました。

 

 

 

※本記事は、Difference Between UI & UXを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事