デザイン

デザイン

Webサイトにおける魅力的なコピーライティングとは…?【優れた実例から解説!】

301 views

広告のヘッドラインには人を惹きつけるコピーが必要です。ライターはターゲットとなる人々の抱える問題を理解し、提供するソリューションを購入してもらえるようなコピーを考えなくてはなりません。

今回はユーザーが抱える問題とソリューションから、実際にどういったコピーが制作されたのかを紹介します。

 

 

  1. 1.The Economist

ユーザーの問題:会社で出世したいのだが、競争が激しい。どうすれば出世できる?

ソリューション:The Economistが紹介するビジネスの知性が、同僚に対する優位性を提供します。

コピー:「私はThe Economistなど読みません。42歳、管理職見習い」

copy①

 

 

  1. 2.Dropbox

ユーザーの問題:チームメンバーとリモートで一緒に仕事をするにはどうしたらいい?

ソリューション:Dropboxを使えばどこででも仕事ができます。

コピー:「セキュアに共有、同期、協働」

copy②

 

 

  1. 3.FedEx

ユーザーの問題:アメリカの友達に誕生日プレゼントを届けたい。時間通りに到着する?

ソリューション:FedExなら夜間も荷物を配送します。

コピー:「おはようございます。」

copy③

 

 

  1. 4.Slack

ユーザーの問題:メールで仕事をするのは気が散るし生産性も低い。効率を上げられないだろうか?

ソリューション:Slackがチームをつなげ、生産性を高めます。

コピー:「『仕事』のあるところ。あなたにとっての仕事がどのようなものであっても、Slackならメンバーとともに仕事を行えます。」

copy④

 

 

  1. 5.Quora

ユーザーの問題:Googleでは見つからない疑問をどのように解決したらいい?

ソリューション:Quoraが探求をお手伝いします。

コピー:「Quora。知識を交換し、世界を知る場所。」

copy⑤

 

 

  1. 6.HomeToGo

ユーザーの問題:休暇を過ごす賃貸物件を探しているが、どこで探せばいいのかわからない。

ソリューション:HomeToGoは数多くの賃貸情報サイトを一か所にまとめています。

コピー:「世界最大の別荘検索エンジン。」

copy⑥

 

 

 

優れたコピーを作るには、誰に向けて書いているか、ブランドについてどのように考えているか、ユーザーにどのようなメッセージを届けたいかを考えてみてください。問題とソリューションを理解することで、ユーザーの心に訴えかけるコピーを作れるようになるでしょう。

 

 

 

※本記事は、Dressing your products in words: Copywriting that connects with peopleを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事