デザイン

デザイン

全テキストをWebフォント化するとページデザインはどうなる?「FONTPLUS」公式サイトがリニューアル

243 views

テキストデータなのに個性的で美しい表現ができ、Webサイトの新しい文字表現として注目を集めているWebフォント。スマホでの快適な表示や、アクセシビリティの向上の観点からも導入が進んでいます。デザインに積極的に取り入れている…というWebデザイナーの方も多いのではないでしょうか?

 

そんなWebフォントを提供するサービスのひとつ、800書体以上のフォントが揃った「FONTPLUS(フォントプラス)」の公式サイトがリニューアルされました。

 

リニューアル後のサイトは、全テキストをWebフォント化

今回のリニューアルは、レスポンシブWebデザインの採用やユーザビリティの向上を目的としたものですが、それに加えて、リニューアルしたページでは、全テキストがWebフォント化されています。

 

FONTPLUS独自の先進的な機能である文字詰め機能や、表示位置ズレ機能も搭載されているので、FONTPLUSのWebフォントを使ったサイト制作事例としても、とても参考になります。WEBデザイナーの方は、Webフォントの活用事例としてご覧になってみてはいかがしょうか?

 

なお、今回のリニューアルに伴い、期間限定(2016年11月7日~ 2017年1月31日)で入会金が無料になるキャンペーンも開催しているそうです。

 

リニューアルした「FONTPLUS」公式サイト
https://webfont.fontplus.jp

関連記事

おすすめ記事