デザイン

デザイン

【言葉を「デザイン」する】Webサイトで文章を書くさいのコツ7選

152 views

Webサイト上に文章を書く際に注意すべき点は、Webデザインにおける留意点と多くの共通項があります。

サイトやアプリの文章においてなにより大切なのは、ユーザが読みやすいかどうかだからです。

Webやアプリでは、普段文字テキストを読みなれていない人にも読みやすいように、文章を書く必要があります。

つまり、「文章をデザインする」という考え方が重要になるのです。

本記事では、Webデザインのコツを「文章の作成」という観点から考えるために、7つの留意点を紹介します。

 

1.無駄な部分を省く

説明しようとすればするほど言葉は煩雑にわかりにくくなってしまいます。

多くのユーザーは、長くてだらだらした文章は嫌い、無意識に飛ばしてしまいます。

情報を伝えたいならば、シンプルに短くすることが重要です。

そうすることで、ユーザーの潜在意識に存在する文字を嫌うという性質を軽減して情報を伝えることが出来ます。

 

2.見出しをつける

最初に見出しをつけると、とても親切でユーザーにもわかりやすくコンセプトや概要を伝えることが出来ます。

新聞記事のようにまずはタイトルや見出しがあって、そこでまずは注意を惹きます。

そこで、内容に興味がわいたり、読む必要性などのとっかかりを作ることで、本当に伝えたい詳細を読んでもらうのです。

 

3.リスト化する

人間の目は、大量の情報を目の前にしたときに視界を上下に動かして全体を把握しようとします。

もちろん、文章の羅列であれば、パッと情報は脳みそにあまり入ってこないでしょうが、リスト化してわかりやすくまとめておくと、それだけで伝えたいことが瞬時にわかってしまう事があります。

リスト化することは、大量の情報を表示させる非常に優れた形とも呼べます。

 

4.休憩を入れる

長く文章だけでページを構成してしまうと、ユーザーが文章の読み疲れに陥ってしまうかもしれません。

そう言った時は、段落後などに画像などのコンテンツを挟んでユーザーの目にも楽しい構成を心がけましょう。

 

5.言葉に優先順位をつける

コンテンツを作る際の言葉のチョイスをこだわるデザイナーやライターはいますが、言葉をどのように見せるかも同じように重要です。

もし、伝えたい内容に優先順位があるのならば、最も伝えたい言葉を一番目立たさせることは合理的です。サイズ、色、フォント、エフェクトなどを工夫すれば、いくらでも目立たせることが出来ます。

逆にプライオリティが低い言葉はあまり、インパクトをつけないように気を付けましょう。

 

6.わくわく感を演出する

何かを伝えるときに、ユーザーにどのような印象を与えるかを想像するのも重要です。

見ていて楽しいのは、いきなり本題をストレートに伝えるのではなく、少しずつ革新に近づいていくようにわくわく感を演出することです。

 

7.実画面に投影しながら考える

どのような言葉をチョイスするか、どのように色にするか、イメージやMicrosoft Wordなどでは行わない方が賢明です。

インターフェイス上でどのように見えるかを確認しながら、作ることをおすすめします。

 

いかがでしたか。

以上のヒントを参考に、Webクリエイティングにおける「文章デザイン」に上達しましょう。

 

(※本記事は、How to design wordsを翻訳・再構成したものです)

関連記事

おすすめ記事