デザイン

デザイン

UXデザインの要はデータとユーザーの分析!【デザイナーのためのデータ分析のコツ】

293 views

UXデザイナーとして優れたユーザー・エクスペリエンスを提供するためにはユーザー・データが必要です。

そしてユーザーと真のコミュニケーションを取るためには、データのトラック・ダウンが必須です。

 

本記事ではデータがどのように優れたUXデザインに影響を与えるのかをお伝えします。

 

 

 

 

 

クライアントを知る

クライアントが本当に必要としているものを見極め、それをどのように実現するかを考えるのはあなたの仕事です。

クライアントのウェブサイトからSNSまで、見ることのできるデータは全て見ましょう。そして以下の質問に対する答えを得てください。

 

・クライアントのウェブサイトに訪問しているのは誰か?

年齢、性別、場所などの基本的な情報に注目しましょう。エンド・ユーザーの感覚を知る必要があります。このデータはUXデザインに役立つでしょう。

 

・現在の直帰率は?

UXデザイナーとして、直帰率は非常に重要です。ユーザーがあなたのウェブサイトでのエクスペリエンスを楽しんでいるかどうかを示しています。

また、直帰率はKPIとしても利用可能です。他のKPIには以下のようなものがあります。

  • ・訪問者数
  • ・新規訪問者の割合
  • ・各ページでの平均滞在時間 など

 

 

 

エンド・ユーザーを知る

クライアントとエンド・ユーザーが要求するものが異なるケースがあります。

UXデザイナーにとっては難しい状況と言えるでしょう。

しかしながら、クライアントのクライアント(つまりエンド・ユーザー)が満足すれば、クライアントも満足します。

そのため、エンド・ユーザーについて以下のことを知る必要があります。

 

・エンド・ユーザーは誰か?

クライアントからの情報だけでなく、ブランドや競合について世間では何が言われているのかを自主的に調べましょう。

 

・エンド・ユーザーに伝わっているか?

あなたのウェブデザインで、エンド・ユーザーは次に何をするべきかを理解していますか?

 

 

 

 

ここから始めましょう

ユーザーについて学ぶためのツールと方法です。

 

・A/Bテストの実施

A/Bテストは、デザインを改善するための多くのデータを提供してくれます。

 

・ユーザーにテストをしてもらう

公開前にユーザー・テストを継続的に実施しましょう。

生きたユーザー・フィードバックとしてUsabillaをお勧めします。このツールはユーザーの行動の記録、ヴィジュアル・フィードバック、特定ユーザーへのアンケートなどを実施できます。

 

 

最後に、UXデザイナーとして大切なことは誰にも負けない特定の分野のスキルを身に着けることです。

ユニークなスキルは将来的に仕事を得、成功する助けとなるでしょう。

 

 

 

 

※本稿は「How Data and User Analytics Influence UX Design」を翻訳・再編集したものです。

関連記事

おすすめ記事