デザイン

デザイン

【トレンドを超えた概念】「共感」と「個人化」されたUIが優れたUXを作る

257 views

トレンドが狭い範囲でデザインに影響を与えることはありますが、時間を越えて受け入れられているコンセプトも数多く存在します。特に個人化(パーソナライゼーション)と直感的に使える操作性は現代のウェブデザインでも重要な役割を担っています。ただしその2つを実現してUXを向上させるには、ユーザーに対する「共感」が必須です。

 

 

共感がUXを変える

ユーザーへの共感なしでは、彼らの見ているものを理解できません。もしその視点が持てないのであれば、少し時間を取ってこう考えてみましょう。あなたのお母さんがサイトにアクセスした時に、一体どう感じるでしょうか?大学生のいとこがアクセスした時には、それがどう変わるでしょうか?あなたのサイトがターゲットとしているのは、どちらのタイプのユーザーなのでしょうか?ユーザーが置かれている状況を知り、彼らに近づきましょう。ニーズを理解し、結果ベースのソリューションを提供することに集中してください。

 

幸い、現代では多くの情報が入手できるため、ユーザーの姿は比較的簡単に理解できるでしょう。ユーザーに興味を持ってアプローチすれば、彼らもこちらに興味を持って近付いてきてくれます。

how①

 

 

直感的なデザインとは

デザイナーがユーザーの見たいものを想像できれば、より直感的なデザインを作ることができます。ユーザーがサイトにどう関わるのかを予測し、その部分が機能的かつ使いやすくなるように作ってください。この予測なくして直感的なデザインを作るのは不可能です。ユーザーの姿を予測したり、理想的なユーザーの姿を検討することは必須と言えるでしょう。

how②

 

 

個人化でより優れたUXへ

さまざまなタイプのユーザーに直感的にサイトを使ってもらうのであれば、サイトの個人化がその目標達成を手助けしてくれます。各ユーザーごとに異なるコンテンツや機能を提供するのです。今や多くのサイトでユーザーのカスタマイズが可能になっているだけでなく、ユーザーが好むもの、好まないものを設定できるようになっています。

アマゾンが過去の購入記録や閲覧履歴からおすすめ商品を提案するのはこの代表的な実装例と言えます。

how③

 

 

 

優れたUXとは芸術性と機能性の融合です。インターネットはユーザー一人ひとりに異なるコンテンツと体験を提供する方向に変わってきています。デザイナーはこれを実現するために努力を続けなくてはなりません。直感的で個人化されたデザインはトレンドに流されない、普遍的な価値をもたらしてくれるでしょう。

 

 

 

 

※本記事は、How Empathy & Personalized Interfaces Can Help You Build Better UXを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事