デザイン

デザイン

良いUXデザインの秘訣は「問い」にあり【UXに不可欠な要素をすべてカバーする5つの問いとは】

313 views

まぶしいボタンや豪華なアニメーションだけがいいデザインではありません。優れたデザインとは全てのユーザーにとって使いやすく楽しい製品を作るということです。初めてのユーザーから熟練のユーザーまで、全てのユーザーの面倒を見られるデザインを考えることで快適なUXが実現できます。

 

 

デザイン中の製品が使いやすいかどうかを確かめるには、次の質問を問い掛けてみてください。UXに必要なほぼ全ての要素をカバーできているはずです。

 

  1. 1.その製品を初めて使うユーザーがやって来たら一体どうするか?どのように案内するか?
  2. 2.そのユーザーが製品を使い始めてくれたものの全くデータがない時にはどうするか?理想的なCTAは何か?
  3. 3.彼らの起こした行動がエラーで終わってしまった場合にはどうするか?エラーから回復する手段はどうするか?
  4. 4.データを読み込み中の際に製品はどう振る舞うか?アニメーションを表示するか、データが配置される予定の空白テンプレートを表示するか、それともまた別の手法か?
  5. 5.たくさんのデータをどのように見せるか?ひたすらスクロールさせるのがいいか、それともページ分けをした方がいいか?

 

今回はこの質問の中でも特に重要となる1番について詳しく解説しましょう。

 

 

・初めてのユーザーを案内する

製品に触れるのが初めてのユーザーは、まだ歩けない赤ちゃんのように扱いましょう。ユーザーの手を取り、目的地まで案内してあげるのです。これはユーザーが取り得るあらゆる行動について検討していけば比較的簡単に達成することができます。

 

たとえば私たちは以前、MentorCloudという製品に取り組みました。私たちには2つの選択肢が用意されていました。1つは、ログインしたユーザーに興味のあることを入力してもらう方法です。これはユーザーを空白のダッシュボードに置き去りにすることになります。もう1つの選択肢は、ユーザーの興味についてシームレスに入力するプロセスを作る方法です。こちらはユーザーの興味に類似した他のフィードを見せてあげることができます。このケースでは、私たちは後者を選択し、MentorCloudのユーザー体験を全く新しいものにすることができました。

howto①

 

 

このように、案内の仕方ひとつでUXに大きな違いが生まれます。全てのユーザーに快適なデザインを作るのは簡単ではありませんが、成功すれば多くの人々に製品を届けることができるでしょう。

 

 

 

 

※本記事は、How to design Goldilocks user experiences by keeping these states in mindを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事