デザイン

デザイン

VRにおける優れたUXとは何か【UXデザイナーが知っておくべきトレンド】

245 views

宇宙旅行が一体どのようなものなのか、想像したことがありますか?

VRの発展により、普通では難しいことをソファーに座りながら体験できるようになりました。しかしUXデザイナーにとって気になるのは、VRでの優れたUXの作り方です。使いにくく不快なものは、いくら技術的に優れていても決して受け入れられません。VRを継続的に発展させたいのであれば、UXは見過ごせない問題なのです。

 

 

VRでのプロトタイピング

VRにとってUXは非常に重要なため、製品のプロトタイピングは欠かせません。正しいVR体験を作ることは最重要課題であり、そのためにはワイヤフレームを作りながら小さな改良を素早く重ねる手法が役立ちます。

 

VRでも論理的なワークフローの作成やインタラクションの定義が必要です。仮想現実と言えど、UIデザインは常に求められています。VR世界のものはほとんどが3Dですが、プロトタイプを2Dで作ることで時間を節約できます。

 

 

VRにおける「優れたUX」とは

不快な体験をさせるVRは成立しません。ではVRにおける優れたUXとは、どのようなものなのでしょうか?

 

  1. 1.信じられること:VRでの体験は、まるで本物であるかのように感じられなければなりません。
  2. 2.インタラクティブである:腕を伸ばした時にVRの中でも同じように腕を伸ばしているように、インタラクティブな体験を提供しましょう。
  3. 3.探検できること:VR世界の中を歩き回れるように作りましょう。
  4. 4.没入できる:どの角度からでも世界を楽しめることが大切です。

 

 

 

リアルな体験を作るには

VR開発で重要なのは、その世界と体験をリアルに感じられるよう作ることです。せっかくカリブ海にダイビングしたのに、見えるのがダサいデザインの魚とギザギザの地形では何も楽しめません。

 

VRは仮想現実ではありますが、実世界の延長でもあります。つまり、頭痛や酔いを引き起こすようなVRは受け入れられないということです。この点はUIデザインによって解決できます。素早い動きや速さの急激な変化を避けるようにしてください。

 

 

 

以上のように、VRにおいても優れたUXの構築は重要です。ユーザーを不快にさせるようでは、誰もVRに触れなくなってしまうでしょう。改良を重ね、多くの人々に快適な新体験を提供しましょう。

 

 

 

 

※本記事は、How VR Is Changing UX: From Prototyping To Device Designを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事