デザイン

デザイン

iOS ヒューマンインターフェースの原則

315 views

参考元: Medium

iOS のヒューマンインターフェースを理解するためにはまず UI 設計の原則を定めた聖典 iOS Human Interface Guidelines を読むことから始めなければなりません。ここにはプラットフォームの特徴から情報設計の原則、それぞれ何のための部品なのか、という解説がされています。なぜこうなったのか、なぜこれが良くてあれが駄目なのか、Apple の UI デザイナーは何を考えてこのような設計にしたのか、HIG ではそのようなところまでは説明されていないことがあります。いくら内容を丸暗記したとしても「なぜ」がわからなければ本質から理解したとは言えません。

よくある UI デザインにおける誤り、『磨りガラス効果がかっこいい』『アニメーションしておくとかっこいい』『ボタンは右配置の方が押しやすい』『色が綺麗』『流行っているから優れている』…などがありますが、そういうことではないのです。いや実際かっこいいかわいいの感覚は重要ですが、見た目が何となくそれっぽいだけでは優れた UI とは言えません。磨りガラスでも何でも必ずそこには意味があります。だからこそ HIG の理解が必要なのです。

今回は HIG の「なぜ」を理解するために役立つ 最低限守るべき原則 を解説を交えてご紹介しようと思います。

関連記事

おすすめ記事