デザイン

デザイン

これは便利!【マテリアルデザイン】のカラーパレットを自動で作れちゃうWebサービスを使ってみた

480 views

2016年のWebデザインのトレンド記事を以前アップしましたが、その中でも大きなトレンドとなりそうなのがGoogleが提唱している「マテリアルデザイン」です。Googleはこのマテリアルデザインのガイドラインにおいて、色の配色パターンについても提唱しています。

 

ところがこのパターンはかなりコントラストを強調した配色ですので、実際のデザインにおいては少々コツがいりそうな印象もあります。そんな時に、このマテリアルデザインの原則にのっとったカラーパレットを自動で生成してくれるWebサービス【Material Palette】はお役立ち度満載です!

 

materialpalette

 

【Material Pallete】の使い方はとてもシンプルです。

任意の二色を選ぶだけでマテリアルデザインのガイドラインに沿った配色パレットが生成されます。

 

ここでは試しに「ライトグリーン」と「シアン」の二色を選択してみました。そしてジネレートされたパレットは、こちら。

 

mat2

 

基調となるライトグリーンを中心に、アクセントカラーはもちろんテキストやアイコンの配色まで作ってくれます。

 

これでマテリアルデザインも恐くない!?

ぜひ一度【Material Pallete】を使ってみてください。

 

【Material Pallete】

http://www.materialpalette.com/

 

関連記事

おすすめ記事