デザイン

デザイン

PhotoshopCC 2017の新機能を一気にチェックしよう!【まとめ】

609 views

先日Photoshop CC 2017の新機能が公開されましたね!

一体どんなワクワクするような機能が追加されたのか、簡単にではありますが全体をチェックしていきましょう。

 

クリエイティブプロジェクトをすばやく作成

hero-image_new-file-document

Photoshopでドキュメントを作成する際に、Adobe Stockにある豊富なテンプレートから選ぶことができるようになりました。テンプレートは様々な素材やイラストを含みます。Photoshopでテンプレートを開けば、他のPhotoshopドキュメントと同じように作業をすることができます。

 

広範な検索機能

heroimage_search

UI要素、ドキュメント、ヘルプと学習、Stock アセットなどを広範にわたって検索できる、強力な検索機能が追加されました。全てを一つのダイアログから検索可能です。

 

OpenType SVGフォント

multi-color-glyphs

PhotoshopはOpenType SVGフォントをサポートしています。Trajan カラーコンセプトとEmojiOneフォントも付属されます。OpenType SVGフォントには1つの字に対し複数の色と傾斜があります。

 

選択ツールとマスクワークスペース

3_low

 

選択ツールとマスクは以下のように強化されました。

・ワークスペースで、多角形選択ツールが使用可能になりました。

・マウスボタンにて、高解像度のプレビューが表示されるようになりました。

・以前の使いやすいエッジ調整ツールに近づけるよう、いくつかの改善を行いました。

 

顔認識ゆがみツール

asymmetry

個々の目、または左右対照的に顔認識ゆがみツールを設定できるようになりました。

 

Creative Cloud ライブラリー

・ライブラリー要素をアーカイブ、リストアできます。

・ヴィジュアル検索を使い、ライブラリー要素に似ているストックアセットを探すことができます。

・Adobe Stock 検索結果をドラッグアンドドロップでCreative Cloudライブラリーに追加できます。

 

プロパティパネルの改善

・プロパティパネルは“初期設定”ワークスペースの一部になりました。

・追加プロパティがテキストレイヤーのプロパティパネルに表示されるようになりました。

・プロパティパネルは、レイヤーがない時や他の要素が選択されている時にドキュメントプロパティを表示するようになりました。

 

Camera Raw新機能追加

camera-raw_150dpi

 

Adobe Experience Design CC(Preview)での作業

work-with-adobe-experience

 

Photoshop CC アセットを直接Adobe Experience Design CC(Preview)に移すことができるようになり、デザインとプロトタイピングのための新しい“オールインワン”ツールとなりました。

 

その他の強化点(一例)

・テキストボックスの外側をクリックするだけでテキストが確定されるようになりました。

・ゆがみ機能ダイアログにプレビューのチェックボックスが追加されました。

 

(※本稿は「New features summary | Photoshop CC 2017」を翻訳したものです)

関連記事

おすすめ記事