デザイン

デザイン

写真を使うデザイナー必見!「脱・なんとなく……」を目指す写真を使ったデザインのルール本

578 views

「写真を制するデザイナーはデザインを制す!」と言えばやや大げさかもしれませんが、かつてはテキスト主体だったWebの世界でも、クオリティの高い写真を効果的に用いてビシビシと「刺さってくる」デザインをたくさん見かけるようになりました。

 

またこうした画像の重要度が高まると、これまで「素材画像」でなんとかやりくりしてきたデザインの現場も「オリジナル画像」熱が高まるのは必至と言えるのではないでしょうか。

 

そんな画像ですが、紙面でもWebページでも、周りのデザインにうまく調和させつつ、かつ画像単体で主張もできるデザインとなるといかがでしょうか?

 

「なんとなくこんな感じ……」でやっちゃってるところ、ありませんか?

 

そんなデザイナーにオススメなのが、株式会社エムディエヌコーポレーションから発刊された『「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで』です。

 

d5875-1187-835883-1

 

本書では、写真画像を使用する際の注意点や、写真を用いたレイアウトの基本、印刷用・ウェブ用などさまざまな条件への対応、撮影におけるシャッタースピードや絞りの設定値による写真画像の変化、画像の基本的な調整法など、写真を使用するデザイン作業で必要な知識、情報がまとめられています。

 

d5875-1187-942194-2

撮影のディレクション、写真の基本補正と加工、写真を効果的に見せる/写真で品質を上げるレイアウトなどがわかる、まさに「写真を使う」デザインに強くなる一冊と言えるでしょう。

 

単にページに画像が「載せられている」だけなのか、それとも画像を含め全体として「生きたデザイン」となっているのか?

 

「なんとなく派」は一度本書を手に取ってみられてはいかがでしょうか?

 

『「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで』

http://www.mdn.co.jp/di/book/3215303037/

高嶋一成、内藤タカヒコ 共著

定価(本体2,500円+税)

関連記事

おすすめ記事