デザイン

デザイン

【デザイン・シンキング】クリエイター必見!デザイン思考の基本を学ぶ

506 views

デザイン思考とは何でしょう?

 

デザイン主義という革新的な考え方は、カスタマーの本当のニーズを満たす解決策をつくろうとしました。

長い年月が経過しましたが、リチャード・ブキャナンが1992年に発表した記事「デザイン思考に潜む邪悪な問題」を通してその言葉にスポットライトが当たりました。デザインの「父」となるその現在の形はIDEOやデビッド・ケリー、ティム・ブラウンによって提案されました。

 

 

デビッド・ケリーは、「人々のニーズをまとめるためのデザイナーのツールキットで描く、革新への人間中心のアプローチや、テクノロジーの可能性、ビジネス成功のための必要用件」を強調しました。

 

 

デザインとは快適なゾーンや視覚的思考、創造性、そして解決策を発見するための革新を適用することを意味します。それは私たちの仮定や思考に疑問を呈します。政府や医療機関、財政サービスや非営利団体などの様々なドメイン内で、スケールの大小にかかわらず、デザイン思考の革新は適用に成功しています。

 

 

デザイン思考の枠組内で6つの異なる段階が確認されています。

science①

 

 

Empathize(共感)はスタート地点であり、製品を使用する可能性のある人々の行動や発言、モチベーションの上がることや失望すること、フラストレーションを感じた場面などについて学ぶための研究が必要です。

 

 

Define(定義)とは、共感している間に得られる知識の結合によって問題を深く掘り起こすことです。このことによって、革新のための実際のユーザーのニーズと機会がわかります。

 

 

Ideate(観念的対象)は、あなたがチームを集めてできるだけ多くの創造的なアイディアを引き出す段階のことです。

 

 

Prototype(プロトタイプ)はアイディアの影響と実現可能性を考察するためにつくられたもので、受け取ったフィードバックに基づいて継続的な改善を行うことです。

 

 

Test(テスト)することは、デザインがユーザーのニーズに合っているか、どのように改善したらいいのか、あるいは仕事に役立つかを確認するフィードバックを受け取るために、実際にカスタマーの前にプロトタイプを設置することです。

 

解決策が実体化されることを確認し、エンドユーザーの生活に触れるためにあなたのビジョンをImplement(実行)しましょう。

 

 

とてもたくさんありますね。なぜこれほど人気が出たのでしょう?

 

 

主な利点はユーザーではなく「人間」がプロセスの中心にいることです。あなたはユーザーと「人間」の違いは何なのかと疑問に感じているでしょうか。

 

 

ユーザーは「人間」の小集団で、デザイン思考においてあなたは単にあなたの製品のユーザーについて学んでいるのではなく、彼らの必要とするものだけを観察しているのではありません。ユーザーが日々の生活で直面している実際の問題を見つけるために彼らの生活を分析しているのです。デザイン要素は装飾のためにあるのではなく、実際のユーザーのニーズや難問にぶつかっていくためにそこにあるのです。

 

 

共感を生むデザインアプローチは、個人の意見を含みませんが、人間としてのニーズを取り入れている多くの専門チームは協力して解決策を見出し、製品をつくってフィードバックに取り組んでいるので、それらが彼らに専門知識をもたらしています。迅速なプロトタイピングと素早いフィードバックの組み合わせによって実際の問題を解決する製品が生み出され、ユーザーにとって価値のあるものになっています。

 

 

 

 

デザイン思考は生活に革新をもたらす

science②

創造力はデザイン思考の背骨となるもので、チームやグループ内でアイディアを共有・交換することでコミュニケーションが促進されます。様々な意見を取り入れることや、実験、リスクを負うことは、創造的な解決策を見つけるために役立ち、革新への道を開きます。

 

人々が実際に求めているもののために、時間と労力を再び注ぐことができます。創造力は、あなたが一本道で動けなくなった時に、絶えず変化する環境に適応して役立ちます。

 

 

 

デザイン思考に必要なツール

デザイン思考を始めるためには、少しの「共感」と周囲の声を聞くことができる「耳」と断定的ではなく自由に考えることのできる「脳」が必要です。しかし、わずかな「現実世界」向けのツールがあれば、デザイン思考プロセスに役立ちます。

 

マインドマッピング・ソフトウェアは、あなたのチームのアイディアを取り入れる手助けをしてくれます。プロジェクト管理ツールが全てのチームと関係し、プロジェクトの過程を知らせる一方で、コミュニケーションツールは関係者全員の間でアクティブなインタラクションを構築します。あなたが開発者チームと協力してプロジェクトの異なるバージョンに取り組んでいる時、「Github」のような技術面の強いプラットフォームを必要とするかもしれません。

 

science③

しかしデザイン思考において最も重要で必要となるものは、アイディアや背景、文化の多様性です。したがってあなたにとっての最高のツールはあなたの仲間です。最高の仲間を選びましょう。

 

 

 

UXが企業に参入する手段を見つけるのに苦労する一方で、デザイン思考は上手くそれを見つけました。私たちには現代の経験に基づいたきわめて高度な予測がありますが、そのことによって複雑さも増します。デザイン思考は問題解決へのシンプルなアプローチであり、UXをインターフェイス内に導入する手段において、革新的な発展をもたらす可能性を増やしています。

 

 

 

 

※本稿は 「Science of Design Thinking to Create Worldclass UX」を翻訳・再編集したものです。

関連記事

おすすめ記事