デザイン

デザイン

画像に動画、フォントまで!無料のデザイン素材サイトStockioの使い方

294 views

Stockioは無料画像素材サイトの新たな本命です。この分野はすでに競争者であふれていますが、Stockioはそこで十分に戦えるポテンシャルを秘めています。

クリーンなレイアウトと邪魔な広告がないデザインで、素材探しに集中できます。私がこのStockioをおすすめする理由を、ぜひ紹介させてください。

 

 

早速使ってみよう

https://www.stockio.com/にアクセスし、早速使ってみましょう。まずは検索機能から画像を探しましょう。

 

 

画像素材を見つける

Stockioではバリエーションに富んだ画像が見つかります。ビジネス関連の素材を検索すると、たいていは「スーツを着た男性が真面目な顔をして写っている」ものばかりです。しかしStockioの検索結果を見てもらえれば、違いがすぐにおわかりいただけるでしょう。

スーツの男性の画像も必要な場面はありますが、StockioではInstagramにあるような素材もそろっているのが特徴です。

 

 

ベクター画像にも対応

ベクター画像の素材にも対応しています。トップページを少し下にスクロールしてもらえば、ベクター画像の特集が見つかります。もっと見たい時には”See all vectors”をクリックしてください。クリップアートからかわいい装飾まで、きっとほしいものが見つかります。

 

アイコン素材も

アプリやウェブのデザインに欠かせないのがアイコンです。シンプルな白黒のアイコンからグラデーションを使ったものまで、さまざまなタッチのものが取りそろえてあります。

 

背景にぴったりな動画素材

動画背景の素材もここで探しましょう。たとえば天気に関連したサイトを作るとき、実際の天気に合わせて背景が変わると素敵です。雨の動画だけでも25本見つかるため、選ぶのに苦労してしまうかもしれません。

 

フォントにも気を遣おう

Stockioのフォントコレクションはなかなかのものです。1ページあたり32のフォントが紹介され、そのページがなんと358ページもあるのです。もちろん求めるテイストに合わせて絞り込むことができます。これだけあれば困ることはないでしょう。

 

自由を味わおう

Stockioの素材はすべて無料で、かつ個人・商用のどちらでも使用できます。982ページの画像素材に4500個ものアイコン、1万を超えるフリーフォントなど、今すぐにでもブックマークする価値のあるサイトです。デザイン素材を探す際に、最初に頼るサイトになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

※本記事はStockio, the Free Stock Website for Creativesを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事