デザイン

デザイン

【90年代のWebトレンドを振り返る】現在のWebデザインに応用する方法とは…

268 views

「テイスト」という言葉が今の時代よりも自由に解釈された時代のトレンドを再び見ていきましょう。

 

私たちが選択するインターネットのトレンドはいくつかあります。ウェブデザインやエチケットのルールがまだ書かれていなかった時代に戻ります;私たちにできることが少なく、「テイスト」という言葉が今よりももっと自由に解釈されていた時代に。私たちはこの時代を「90年代」と呼びます。この時代には埋もれているトレンドがいくつかあります。

 

今回、私たちは90年代の驚くべきトレンドを再び訪問し、サイト上でそれらをどのように実行すればいいのかをお伝えします。

 

 

 

訪問者への挨拶

trend①

90年代のインターネットは、あらゆる点において巨大なチャットルームのようでした。あサイトを訪問すると、しばしば大きくて大胆な「私のサイトへようこそ!」といった挨拶を目にしたでしょう。

 

グーグルや検索エンジンは今日のように広く使用されていませんでした。ほとんどの人々はドメイン内でタイピングすることで実際に見たいサイトにたどり着いていました。ページ上で大きく輝く歓迎のサインを見ることは最悪なことではなかったのです。

 

 

現在、ウェブサイトの最初のフォールドにゲストへの挨拶を入れることはスペースの無駄です。ウェブサイトにフォーカスしたいのならば、おそらくサイトのトップをその日のストーリーで埋めたいでしょう。あなたがサービス事業者であるならば、訪問者への挨拶は問題外ではありませんが、適切に行う必要があります。そうしなければ、あなたのSEOに影響を与えてしまう恐れがあります。「Verge」のようなサイトでは、最近までトップフィールドの上部にあるロゴの下に挨拶が付け加えられていました。SEOを最適化するには良い方法でしょう。

trend②

 

 

 

自分の、あるいは他のサイトへのサインアップ

trend④

ここでは未だに見ることができます。ポップアップはサイトを訪問した時に何かに対するクリックやサインアップを促してきて、あなたがそれらを実行するまで消えません。選択肢が少なかった90年代には、それらは広く使用されていておそらく訪問者にサインアップさせることに成功していました。

 

あなたがサイトを訪問した時に起こるこういったポップアップは良いユーザー体験ではありません。しかし、ニュースレターや電子メールリストの人気になってこの方法が復活してきました。

 

 

 

「構築中の」ページ

trend⑤

90年代という時代に特定して、「構築中」という表現がインターネットのサイト上でどれぐらいのパーセンテージを占めていたのか見ていきたいです。「構築中」という言葉はとても人気がありました。現在は「カミングスーン」という言葉に置き換えられていますが、サイトを刷新するために閉鎖していてウェブサイトに対する期待を与えるためにはこの表現に勝るものはないでしょう。しかし今日でも「構築中」という言葉は未だ使用されています。

trend⑥

 

 

テキストのスクロール

明らかに90年代には、ウェブサイトを持っていればいつでもニュースを知らせる潜在性があったのです。あなたが技術に特化したウェブサイトや芝生を刈っている会社、BBCであるかにかかわらず、緊張感はこの時代にはあらゆるウェブサイトにおいて重要視されていました。

trend⑧

 

 

アニメ化された GIF

trend⑩

90年代、あらゆるウェブサイトにおける成功の判断基準は訪問客をいかに興奮させることができたかということでした。しかし私たちが現在見るような面白いGIFや、TV番組から取ってこられた動くイメージについてはまだ話していません。回転する球体や対象、ダンスを踊る動物のようなものをあなたのウェブサイトに取り入れたならば、明らかに訪問者を引きつけることができるでしょう。

 

 

 

ストックイメージ

trend⑬

確実性は最近重要視されていますが、90年代には人々は「ビジネスマンが交わす握手」といった決まり文句のような写真が用いられていました。

この種の写真ストックが表示され続ける間は、それらの写真により大きな関心が集まります。通常写真ストックは適切に利用されますが、これらの写真のモデルになっているビジネスマンやビジネスウーマンを休ませてあげることも必要です。

trend⑭

 

 

 

多すぎるテキスト

trend⑰

90年代に見られた、大部分がテキストのみで構成されたウェブサイトはあまりエレガントではありませんでした。

アマゾンのウェブサイトは、初期にはロゴを除くと文字通り単なるテキストでした。アップルのサイトは2~3のイメージが付随したテキストでした。これらの主要なブランドのウェブサイトは基本的にオンライン上に載せられたワードドキュメントでした。それは現在私たちが馴染みのあるウェブサイトのレイアウト形式がスタンダードになるまでのことでした。

trend⑱

 

 

 

 

カウンターを打つ

trend⑳

グーグル・アナリスティックの先駆けとして、ウェブ制作者はウェブサイトがどれほどのヒットをつくり出しているのかを周知することにこだわりました。90年代には様々な分野でヒットカウンターが利用されました。

 

 

 

ゲストブック

trend21

90年代に戻ると、多くのサイトにはあなたが特定のウェブサイトを訪問したことを世界に知らせるために書き込むことを選択できるゲストブックが設置されていました。今日では、好む好まざるにかかわらず、あなたはゲストブックにサインしています。

 

 

 

アニメ化されたカーソル

きらきらと輝くカーソルでサイトを読んでみたくありませんか?そういったものは90年代の流行でした。

 

 

 

現在までの規制に先行したウェブサイトの時代を通して、私たちの旅は終わりです。

しかし「劣悪なウェブデザイン」は復帰してきています。おそらくほとんどのウェブサイトで同じようなものが見え始めています。それはインターネットが初期に回帰していることに似ています。

行き過ぎてしまう前に気づくことだけを私は望んでいます。もしもヒットカウンターが炎上しているのを見つけたら、インターネットを去る時だと知らせてください。

 

 

 

※本記事は、13 terrible web trends from the 90s, and how to recreate themを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事