デザイン

デザイン

メールにおけるマーケティングの基本【読んでもらえる!完璧なメールをデザインするコツ】

281 views

メールを効果的にサイトに組込むのはケーキを焼くことと似ています。正しい材料と正しい分量で作れば、完璧なものが出来上がります。

しかし焼くことと同様に、メールでのマーケティングは科学です。メールを完璧に活用するのは思ったよりもずっと難しいのです。

 

今回はメールでのキャンペーンを上手に行うために必要な4つの要素についてご紹介します。

 

 

 

  1. 1.目的・戦略・タイミング

目的と戦略はケーキ作りにとっての小麦粉のようなもので、メールでのキャンペーンにおいては土台となるものです。新しいユーザーを迎えたり去ってしまったユーザーに戻ってきてもらったりとメールを送る動機は様々です。動機が何だとしても、その土台にある目的を忘れないようにしましょう。そのメールキャンペーンで何を行いたいのでしょうか?ユーザーにどんなメリットがあるのでしょうか?どんなメッセージを送ろうとしているのでしょうか?時間をとって考えてみましょう。

 

 

 

  1. 2.コンテンツ

コンテンツはケーキ作りではベーキングパウダーにあたり、メールの持つポテンシャルを引き出せるかどうかはコンテンツ次第となります。メールを送る目的が何であれ、コンテンツは非常に重要です。核となるメッセージをうまく伝えられるよう作りましょう。

 

 

 

  1. 3.デザイン

デザインはケーキ作りでは砂糖です。甘く、楽しく、かわいらしく、また興味を引きつけるのには欠かせません。みんな美しいメールが好きなのです。メールを開くと美しいデザインが現れ、選び抜かれた写真とフォントでイカしたCTAボタンが出てきたならば、ユーザーはよりクリックしたくなるでしょう。見せ方が全てと言ってもいいほど大切です。

 

 

 

  1. 4.パーソナライズとセグメンテーション

これはあなたのアイデアをつなげる、バターのようなものです。ケーキにも人それぞれ好みがあるように、メールでもユーザーの好みを把握し個人化する必要があります。セグメント分けされたリストとダイナミックコンテンツを活用してユーザー一人ひとりが本当に求めているものを見せましょう。そうすれば、ユーザーも親近感を持ってこちらに来てくれるはずです。

 

 

 

いかがでしたか?ここまで紹介したのは完璧なメールを作る本当の基礎部分です。

作成中に様々な疑問が湧くと思いますが、その時には最も大切なことを思い出してください。

それは、あなたの作るメールがブランドとそのメッセージに合っているかということです。それさえズレずに改良を重ねれば、どんどんいいものが出来上がっていくでしょう。

 

 

 

※本記事は、The Great Email Bake Offを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事