デザイン

デザイン

デザイナー・イラストレーターの人ならわかる!?あのトランス状態が味わえる「ゼンタングル」とは?

1,089 views

「ゼンタングル」とはなにか?

もしあなたがデザインやイラストに携わる方なら、その大半の方は身に覚えがあるんじゃないでしょうか?

 

例えば制作物のディティールを書き込んでいて、単調だけど繊細な描写を続けているとなんとも名状のしがたい心地がしてきて、ふと時計を見ると「あれ?もう4時間も経ってる……」なんてこと。

 

この時の境地は「トランス状態/忘我・脱我の境地/ハイパー集中モード/瞑想状態」などさまざまな言葉で語られますが、まさにソレのことです。

 

こうして無心で手を動かして、ひたすらに模様を描いていると、日常の不安や心配事を忘れ、リラックスした時間を過ごせることに注目が集まり、米国で誕生したのが「ゼンタングル」(禅[Zen]+絡ませる[Tangle])というシンプルアートです。

 

img_106986_2

 

上図をご覧いただくとおわかりのように、一見左図の複雑な模様も、よくよく見れば単純なパーツをひたすら絡ませた複合物。先述の「境地」をある程度意識的に呼び起こせる方なら、この円形の複合物を見ただけで「あー、これはくる!きちゃうわ~」となるんじゃないでしょうか!

 

img_106986_3

 

基本編からさらにステップを上げると、インドのボディアートなどで使われるこの「メンディー」の模様。描いている最中は文字通りの「没頭」を、仕上がった時には「達成感」の二重奏が味わえそうですね。

 

ちなみに以前、筆者は「禅体験会」に参加した時にあまりにもリラックスしすぎたのか居眠りしてしまいましたが、あえて断言します!あの居眠りは自分史上最高に心地よい居眠りでした。

 

おそらく「ゼンタングル」には座禅や写経と近いものがあるのかもしれませんね。

 

ちなみにゼンタングルは、上手に描くことが目的ではなく、その過程に重きを置いて楽しむもの。絵心がない方でもペン一本で気軽に始められるそうです。

 

そんな「ゼンタングル」の書籍『ペン1本で心が落ち着くゼンタングル描き込みBOOK』が本日翔泳社より刊行されました。ご興味のある方はぜひ本書を手に取ってみてください。
■書籍概要  『ペン1本で心が落ち着くゼンタングル描き込みBOOK』

著者:ダヌコンダ真理

発売日:2016年7月5日

定価:1,300円(税別)

判型:B5変・128ページ

http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798146782

 

(※本稿は2017年6月に加筆・修正を行っております)

関連記事

おすすめ記事