デザイン

デザイン

新米Webデザイナーに見てほしい!プロダクトデザイナーが実際に使っているデザインツールとワークフロー

536 views

今回はアメリカ在住のプロダクトデザイナーであるKeaton Herzer氏がWebデザインを行う際に実践しているワークフローをご紹介します。実際に彼が使っているデザインツールもご紹介されているので、一緒にチェックしてみてください。

 

デザインのワークフロー

1. スケッチする

紙とペンを使って頭の中のイメージを描き起こしましょう。どんなすばらしいデザインも紙から生まれます。

 

1-KJ0HplGCIcUkzVJqWhujyg

 

2. 写真を撮る

スマートフォンでスケッチの写真を撮り、POPでプロトタイプを作ってみましょう。

 

1-K6rMhNwPzntbu7Vd0p9aMg

 

※POP・・・手書きのウェブアプリのUIをアップロードすることで、ウェブサイトのプロトタイプを作ることができるサービス。

 

3. ワイヤーフレームを作る

うまく動きそうですか?スケッチはこれで十分です。次はワイヤーフレームを作成しましょう。Omnigraffleが使いやすいのでおすすめです。ドロップダウンメニューが欲しい場合はBalsamiq、それでも満足できない場合はAxure、もっとクオリティの高いものを求めるのなら、89ドルで売っているAdobe Illustratorを使ってみてはいかがでしょう。

 

1-KYIUa-tO8Iei52_uix3NGg

 

4. チームでシェアする

では、出来上がったワイヤーフレームをPNGにして、Invisionにアップしましょう。これでチームのメンバーとシェアすることが可能になります。他にはMarvelなんかがおすすめです。

 

1-X5THTg-vfFJUQy9v1okOZw

 

5. UIを作る

ワイヤーフレームが採用されたら、Sketchを使ってアプリのUIを作りましょう。作ったUIをFlinto Liteにアップして、実際の動きを確かめてみましょう。もっと面白いインタラクティブなジェスチャーが必要なら、99ドル払ってFlinto for Macをゲットしても良いかもしれません。Principleも人気です。Principleならgifファイルを送って、アプリの動作をチームメンバーに確認してもらうことができます。お金をかけたくなければPixateはどうでしょう?

 

1-fvRO0mzSuOtVzAtyGTpvhQ

 

6. 洗練させる

最後にJustinmindでプロトタイプを完成させましょう。ただ、Justinmindはそれほど有名ではないので、Justinmindファイルを開けられるチームメンバーはそう多くないかもしれません。そんな時は新しいツールを自分たちで開拓してみてください。

 

1-NTHeYjej-UBZVBCblLugWg

 

以上になります。様々なデザインツールがある中で、実際にHezer氏が使っているツールをご紹介しました。有名なものから聞いたことが無いものまであったかと思います。面白そうなものはぜひチェックしてみてください。

 

この記事は「The Ideal Design Workflow」を翻訳・参考にしています。

 

 

関連記事

おすすめ記事