ガジェット

ガジェット

約30gの綿と新しく登場した超小型ウェアラブルカメラってどっちが軽い?

259 views

株式会社チノンは、約30gと超軽量の超小型ウェアラブルカメラ「CHINON PC-1」を10月21日(金)に発売しました。

 

CHINON PC-1は手のひらに収まってしまうコンパクトサイズ。イメージとしては単三電池2本以下の重さのため身に付けてもまったく気にならないそう。アクションシーンの撮影などに最適です。

 

また、無料アプリの「CHINONpc1」をスマートフォンへダウンロードしてカメラとWi-Fi接続すれば離れた場所にカメラを置いてライブ映像を確認するなど、さまざまな撮影ができます。

 

Bluetoothにて起動するときに自動撮影できる機能を利用すれば、防犯用カメラとしても使えるといいます。

 

超小型でFullHD動画、8MPの高解像静止画も撮影可能。タイムラプス撮影、高速連写撮影など多彩な機能を搭載しているのが特長です。

 

クリップホルダー、三脚座ホルダー、ACアダプター、USBケーブルがついて18,500円(税抜)。レンズは撮影画角120°F2.0、CMOSセンサー、画素数8MP、microSD/SDHCカード(別売)対応。インタフェースはUSB、Bluetooth、Wi-Fi。内蔵型充電式リチウム電池で 約60分のFHD録画が可能。

 

41×41×15.6mmで約30gなら、自転車・バイクのドラレコや業務記録などにも使えるかも。

 

製品詳細ページはこちら
http://www.chinon.jp/pc-1/

 

答え:どちらも約30gなので同じでした。

関連記事

おすすめ記事