ガジェット

ガジェット

あなたはきっと知らない「iPhone」の5つのこと。

325 views

日常的にiPhoneを使っている方にとって、「え、iPhoneってそうだったの?」という知られざる一面がしばしば「発見される」のがiPhoneの面白さのひとつと言えるかもしれません。

 

この記事では、そんなiPhoneの知られざる機能5つをまとめてご紹介します。

 

iPhoneの知られざる5つのこと

【1】純正イヤホンでカメラが撮れる

 

純正イヤホンにはリモコンがついていますが、イヤホンを本体に接続しカメラアプリを起動した状態でリモコンの真ん中の部分を押すとシャッターが切れます。でもなぜこんな機能がついているんでしょうか?

 

答えはシンプルでタッチスクリーン上のシャッターボタンを押すと、手ぶれの原因になりますね。そのためリモコン操作ができるようになっているそうです。

 

 

【2】空き容量との戦い

 

これは誇張ではなく、iOSは柔軟で使い勝手のいいOSとは言いがたいところがあります。このことは貴重なドライブの空き容量不足となってしばしば噴出します。

 

ドライブの半分以上を一体なにが使用しているのかさえわからずイライラさせられることもありますが、こうした問題を解消するためにストレージをクリーンアップするアプリに少しばかり投資が必要となることがあります。

 

 

【3】カスタムのバイブレーションアラートを作れる

 

どうでもいい機能に思われるかもしれませんが、iPhoneでは通知用のバイブレーションをカスタマイズすることができます。この機能を使えば、iPhoneの画面を見なくても大切な人からのコンタクトを振動によって気づくことができます。

 

大事な連絡を待っているときなどには重宝しますよ!

 

 

【4】スマートな着信拒否機能

 

間違い電話や迷惑な営業電話にはかなりイライラさせられますが、iPhoneはツータップで発信者をブロックすることができます。設定画面にいちいち行く必要はありません。

 

ブロックの方法は「着信履歴」から拒否したい番号を選択し、「i」ボタンを押します。次に開く画面で「この発信者を拒否」というメニューが表示されますので、そこで拒否設定を行うことができます。

 

【5】かかってきた電話にテキストで応答する

 

重要な会議中に電話着信……イヤですねぇ。

でもiPhoneはテキストで「後ほど折り返します」などのメッセージで応答することができます。もちろんテキストを入力する必要はなく、着信画面に表示されるテキストを選択するだけです。

 

ただしこのテキストメッセージはあらかじめ「設定>電話>テキストメッセージで返信」にて定型文を設定しておく必要があります。ちなみに当たり前ですが、相手が固定電話から電話している場合は、テキストでの応答はできません。

 

 

いかがだったでしょうか?

iPhoneはたくさんの追加機能と持ち主の生活をより便利にしてくれる機能を持っていますが、残念ながらその存在はあまり知られていません。

 

それらの機能を発見するには説明書を読むか、インターネットで調べるかしか方法がありませんが、iPhoneにはまだまだ発見があるかもしれませんよ!

 

 

(※こちらの記事は「5 Things You Didn’t Know

 About Your iPhone」を翻訳・再編集したものです)

関連記事

おすすめ記事