ガジェット

ガジェット

iPhone、iPadの容量不足を解消!iOSで使えるUSBメモリがさらに小型になって登場

260 views

iPhone、iPadをお使いの方の中には、iOSで使えるUSBメモリとして2015年に発売された「Leef iBRIDGE」に注目していた方が多いかもしれません。

 

iPhoneなどの裏側に回りこむ独特のJ字型デザインや、写真・動画・音楽ファイルを簡単に移動・共有できる充実のアプリで大きな話題になりました。

 

その「Leef iBRIDGE」がより小型になってUSB3.1を搭載。新たに「Leef iBRIDGE3 」として登場します。合わせて提供される新しいアプリ「iBridge3」では、セキュリティ機能やクラウド連携が強化され、ますます使いやすく進化しています。iPhone、iPadを使っている方は、要チェックです。

iBRIDGE3

 

iPhone、iPadの容量不足を解決

Leef iBRIDGE3はiOSデバイスの外付けメモリとして、iPhone/iPadの空き容量を確保。Lightning端子に接続してiPhone/iPadからiBRIDGE3へ写真・動画をラクラク転送、大切なデータを消すことなく保管することができます。

 

 

旧モデルより20%小型化。手の内側に回り込むJ字型デザイン

Leef iBRIDGE3は流線型のJ字型が特徴的なデザイン。iPhone/iPadに挿すと手の内側に回り込み、接続したままでも邪魔になりません。今回、Lightning接続部はよりスリムになり、iPhone/iPadの保護ケースに干渉しにくくなりました。

iBRIDGE3

 

 

旧モデルより20%小型化したiBRIDGE3は、どこに持ち運んでも邪魔になることはありません。

iBRIDGE3

 

より使いやすくなった専用アプリ「iBridge3」

Leef iBRIDGE3をiPhone/iPadに挿して使用する際は、専用のアプリ「iBridge3」を使用します。iBRIDGE3を初めて接続すると自動的にAPP STOREへ誘導し、無料アプリを簡単にインストールできます。上下にスクロールすることなく各機能を一覧できるシンプルなメニュー画面で、アプリの使いやすさが大幅に向上しています。

 

その他、以下のような点がバージョンアップしています。

 

・簡単な操作でUSBメモリ全体をロックする「Leef Lock」

・主要4大クラウド・サービスとアプリ内で連携

・専用ホルスターキャップ付属

 

販売開始予定は2016年11月下旬より。詳しく知りたい方は、以下のサイトでどうぞ。

 

日本向け特設サイト
http://www.leef-jp.com/ibridge3.html

Leef iBRIDGE3 アプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/ibridge-3/id1148085958?mt=8

関連記事

おすすめ記事