ガジェット

ガジェット

粋な江戸文字を、新しいiPhoneに。好きな言葉で、自分だけのiPhone7/7 Plusケースをつくろう

286 views

今回、新しいiPhoneを手に入れた方も多いと思います。もしかして、お気に入りのケースを探していたりしませんか?江戸文字をリメイクする書体デザインプロジェクト「真四角(ましかく)」から生まれた書体を使った、ちょっと個性的なオリジナルケースはいかがでしょうか?

 

「真四角」でデザインしているのは、江戸文字の一つである「角字」にインスパイアされたという書体。正方形の中に水平・垂直の直線だけで構成したという、いわばグラフィックとして生まれた世界的にも稀な、図形的な書体なのだそうです。

 

この、真四角の文字をiPhone7 / iPhone7 Plus用ケースにデザインできるオンラインサービスがスタート。真四角書体3000字の漢字から好きな文字を選び、自分だけのケースとしてデザインにすることができます。

 

fileオンラインでの3ステップでデザインが完成

まずは、好きな文字を選んで入力。その後、アイテムを選択し、最後にレイアウトを決めるだけの3ステップでデザインが完成。ケースと文字の色は、日本の伝統色100色から自由に選択することができます。また、もっとデザインにこだわりたいという場合には、文字サイズや色なども変更でき、お気に入りの一点をとことん作り込むことも可能です。

 

定価は\3,780(税込)ですが、9月30日までの注文については20%OFF(3,024円)になるそうです。江戸の粋で、新しいiPhoneを彩ってみませんか?

 

iPhone7ケースの紹介ページ

http://www.mashikaku.co/product/iphone_case

作成画面

http://make.mashikaku.co/

詳しい作り方

http://www.mashikaku.co/news/help

 

 

【関連記事】

思わず一目惚れ!?江戸文字を現代デザイナーがリデザインしたタイプフェース「真四角」プロジェクト始動!

関連記事

おすすめ記事