ガジェット

ガジェット

VR元年の今年らしいWEB制作にぴったり!?リコーの360度カメラがお手頃価格で登場

573 views

VR(バーチャルリアリティ)元年とも言われる2016年、360°の全天球映像を誰もが手軽に楽める、360°カメラのスタンダードモデルがタイムリーに登場します!

 

その名は、RICOH THETA(リコー・シータ)SC。発売予定日は、2016年10月28日。WEB制作やYouTube動画などに、いろいろ使えそうです!

 

 

話題のRICOH THETAのスタンダードモデル

2013年に、ワンショットで360°撮影ができる世界初のカメラとして発売されたRICOH THETAは、全天球イメージという新しい可能性を秘めたツールとして、さまざまな映像分野で使われてきました。

昨年には、高画質を望む人やビジネス用途での高い要求に応えるシリーズ上位機種の「RICOH THETA S」が登場。そして今回、誰もが手軽に360°の全天球映像を楽しめるスタンダードモデルとしてラインナップに加わるのが、このRICOH THETA SCです!

 

 

360°画像をもっと手軽に!

RICOH THETA SC は、上位機種RICOH THETA Sと同等の高性能のまま、より軽いボディに。撮影した360°画像は、スマートフォンやタブレットに転送して楽しめるほか、市販のVRビューアーを利用して手軽にVR体験も行えます。また、専用ウェブサイトtheta360.comにアップしてSNSで共有したり、FacebookやYouTubeに直接動画を投稿することもできるそうです。

 

カラーバリエーションもブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトと、よりカジュアルな印象。毎日持ち歩くパーソナルツールとしての楽しさも味わえそうですね。

 

新製品RICOH THETA の特徴

 

・高画質な360°全天球イメージの撮影が可能

上位機種と同等の明るい開放F値2.0の大口径小型二眼屈曲光学系と大型イメージセンサーにより、高精細な360°の全天球イメージが得られる。

 

・高品質な360°動画

フルHDサイズに相当する1920×1080ピクセル(記録時)で30 fps(フレーム/秒)という、高品質で滑らかな360°動画撮影が可能。

 

・360°ライブビュー表示

スマートフォンやタブレットとのWi-Fi接続時に、ライブビュー表示。

 

・操作性に優れたボディデザイン

設定が一目でわかるモード表示用LEDや、本体側面に静止画/動画切り替えボタンを配置。本体だけでわかりやすくスムーズな操作が可能。

 

 

ちなみに、価格はオープンとなっていますが、店頭予想価格は税込3万円台前半だと見られているようです。ちょっと試してみたくないですか?製品の詳しい情報はリコーのサイトで、どうぞ。

 

https://theta360.com/ja/about/theta/sc.html

関連記事

おすすめ記事