ガジェット

ガジェット

私にはいつ目的地に到着するのかがわかる、それはなぜかって?「駅間time」があるからだよ!

471 views

東急電鉄は、さらなる利便性の向上を目的としてスマートフォン向け「東急線アプリ」内に東急線内の目的駅までの所要時間実績を表示する「駅間time」を鉄道業界として初めて導入。8月1日(月)からサービスを開始するとのことです。

 

sub1

 

「東急線アプリ」は、迂回ルート検索、列車の現在位置表示、東急バスの現在位置表示(バスナビ)、定期券ネット予約サービス、駅構内カメラ画像配信「駅視-vision」、遅延証明書の表示、運行情報のプッシュ通知機能があり東急線利用者にとってはマストアプリとなっています。

 

sub2

 

「駅間time」は、路線と出発駅・到着駅を指定し、直近の列車の所要時間実績を表示するサービスで、特急・急行・各駅停車等の所要時間も表示されます。なお、東急線内のみであり、単一路線での検索となります。

 

sub3

 

このサービスにより、悪天候やトラブル、不慮の事故による列車遅延の際も直近の列車の所要時間実績を確認でき、迂回経路の検討など、行動や判断の目安として役立つとしています。

 

「東急線アプリ」は、無料で利用できます。ただし、ダウンロードにかかる通信費はユーザー負担となります。Android OS 2.3以降、iPhone iOS 7.0以降で利用可能となっています。

 

8月からますます便利になる「東急線アプリ」をまだ持っていない東急線利用者の方は、Google Play・App Storeよりダウンロードしてくださいね。

関連記事

おすすめ記事