ガジェット

ガジェット

Webエンジニアの方、サイト制作にVR技術を取り入れてみたくないですか?今後、主流になる予感!

248 views

住宅メーカー・建設資材販売の株式会社北洲は、VR技術使用で遠方のモデルハウスも360°パノラマ体感できる「北洲ハウジング」の無料スマホアプリを配信開始しました。iOS版とAndroid版をリリースしています。

 

VR技術でモデルハウスを360°パノラマ体感できる北洲ハウジング公式アプリ紹介サイト

http://www.hokushuhousing.co.jp/company/sns/

 

北洲ハウジング公式アプリの特長

 

(1) 「いつでも」「どこでも」「何度でも」バーチャルで展示場めぐりできます

 

VR技術(バーチャルリアリティ、仮想現実のこと。人の感覚器官に働きかけ、現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術)を使い、遠くて訪れることのできない展示場も自宅など好きな場所から好きな時にゆったりと見学できます。

 

ジャイロ機能(端末の角度の変化を自動認識する機能)搭載端末なら、360°パノラマでの疑似体験ができます。

 

(2) 「プッシュ通知機能」により最新情報をいち早く届けてくれます

 

プッシュ通知機能で、新商品情報やイベント情報をいち早くチェックできるといいます。豊富な建築実例やスタッフブログ、各種SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)の投稿もすべてこのアプリで閲覧できます。

 

ダウンロード

[iOS]https://goo.gl/tjc4hQ

[Android]https://goo.gl/fhc9u1

 

VR技術はこれから360度カメラが普及していけばどんどん浸透していくでしょう。近い将来、サイトやスマホアプリにVR技術導入を提案していく機会が訪れるかもしれませんね!

 

ちなみにseleQtでは不動産×VR技術について、先月も記事を公開しています。併せてお読みくださいね。

 

VR技術の活用に積極的なのは意外にも「不動産業界」!?4つの事例で読み解くその理由とは?
http://www.seleqt.net/service/vr-for-real-estates/

関連記事

おすすめ記事