マーケティング

マーケティング

【モバイル広告予測】2017年にはインターネット利用の75%はモバイル経由に?

146 views

仏ピュブリシスグループ(Publicis Groupe)のメディアエージェンシーであるゼニス(Zenith)社は、同社初のモバイル広告予測“Mobile Advertising Forecasts”を発表しました。

 

来年には世界のインターネット利用の75%がモバイル端末経由になると予測しています。

 

モバイル広告予測は、世界の主要60カ国におけるモバイル広告やモバイルテクノロジーについて調査。インターネット利用に占めるモバイルの割合は2012年の40%から2016年には68%にまで急増したそうです。

 

この傾向は今後も続くとみられ、2017年には75%、2018年には79%にまで拡大すると予想されています。

 

モバイルでのインターネット利用をリードする国はスペイン・香港・中国

 

モバイル経由でのインターネット利用の普及は、世界の幅広い地域で進んでいますが、なかでも今年のモバイル利用率が最も高いと見込まれているのはスペインで、その割合は85%なのだそう。次に香港(79%)、中国(76%)、米国(74%)、イタリアとインド(ともに73%)と続きます。

 

その後、2018年までにはスペインに代わり香港が89%でトップの座を占めると予測されています。続いて中国(87%)、スペイン(86%)が入り、米国とイタリア(ともに83%)、インド(82%)の順になる見込みです。

 

スマートフォンの普及率は2012年から2016年にかけて2.4倍に

 

利用拡大の背景にあるのはもちろんモバイルの急速な普及。60カ国におけるスマートフォン普及率は2012年、わずか23%だったものが2016年には56%と4年間で2.4倍に増えたのです。さらに2018年には63%に高まる見込みです。

 

2018年、インターネット広告の6割がモバイルに?

 

今年9月に発表した広告支出予測“Advertising Expenditure Forecasts”でも触れられていたそうなのですが、世界のインターネット広告に占めるモバイル広告の割合は今年の44%から来年には52%に拡大しモバイル広告がデスクトップPC向け広告を上回ると予測されています。この傾向は続き、2018年にはインターネット広告全体の6割に達する見込みです。金額ベースでは1,340億ドル。これは新聞・雑誌・映画・屋外広告すべての総額を上回ります。

 

これを踏まえ、ゼニス社は広告主に対し、次のようなアドバイスを展開しています。

 

・「モバイルファースト」の戦略を打ち立てろ!

・テレビからモバイル端末まで連動した一貫性のあるブランド体験を創り上げよ!

・それぞれの場面にマッチした細分化されたコミュニケーションを図る必要あり!

 

75%と聞くとえっ!と思いますが、電車に乗ると7割くらいの人がスマホでいろいろと見ている時代、これまで読まれていた新聞、雑誌、本、チラシがスマホにとって変わった現状を考えると納得の数字なのかもしれません。

関連記事

おすすめ記事