マーケティング

マーケティング

EC担当者が最も注目した2016年のキーワードは、やっぱりAI。2位・3位はちょっと意外?

336 views

ジャストシステムが、EC運営や管理業務を担当している20歳以上の男女275名を対象に調査を実施。「ECトレンド調査 【2016年版】」として結果を発表しました。

 

2016年も終わるとする今のECの現状、そして2017年への流れは、どうなっているのでしょうか?その一部をご紹介します。

 

 

■集客施策はSNS,SEO,メルマガが拮抗

 

EC担当者が実施している集客施策ではSNS,SEO,メルマガがそれぞれ約40%。

 

・SNS 40.8%

・SEO 40.4%

・メルマガ 39.3%

 

出稿先のSNSはFacebook,Twitterの順になっています。

 

Facebook 78.9%

Twitter 70.6%

LINE 53.2%

YouTube 53.2%

Instagram 47.7%

 

また、来年の広告予算は33.3%が「予算を増やす予定」、45.3%が「予算は当面変えない予定」と回答しています。

 

 

■約3割のECサイトが、「動画広告」を配信

 

動画広告の配信については、現在は約3割が実施。来年3月には4割以上のサイトが動画広告を配信する可能性があります。

 

すでに配信している 31.1%

興味があり017年3月までに配信したい 12.4%

 

 

■アプリを提供しているECサイトは2割強

 

ECサイトのスマートフォンへの対応状況を聞いた結果は以下の通り。約4分の1のECサイトがアプリ提供しています。

 

Webをスマートフォンに対応させている 67.0%

アプリを提供している 25.1%

 

 

■今年、EC担当者が最も注目したキーワードは「AI」

 

2016年、EC担当者が最も注目したキーワードは以下のようになっています。

 

AI・人工知能 34.5%

ブラックフライデー 26.6%

Web接客 25.8%

 

米国の年末商戦施策である「ブラックフライデー」は、日本でも浸透しつつあり、EC担当者も注目しているようです。

 

■来年、EC担当者が来年注目したいキーワード

 

EC担当者が、2017年、最も注目したいキーワードは

 

AI・人工知能 15.8%

マーケティングオートメーション 11.5%

 

最近、注目を集める「AI・人工知能」は、多種多彩なデータを取り扱うEC担当者の期待も高いようです。

 

 

集計データとしてまとめた調査結果レポートは、以下から無料ダウンロード提供されます

「Marketing Research Camp

https://marketing-rc.com/report/

関連記事

おすすめ記事