マーケティング

マーケティング

離脱ユーザーをコンバージョンへ! リマーケティング広告運用手順まとめ

248 views

参考元: SimilarWebPRO

コンバージョン(CV)を上げたい!
 
コンバージョン向上は売上、そして利益の向上にも直結するビジネス上重要な項目の一つです。
 
しかし、そう簡単に取れないのがコンバージョン。ユーザーはサイト上で製品を他社と比較し、「買うのはまた今度でいいや」と離脱してしまうことは少なくありません
 
ただ、問題はその後です!
 
ユーザーが再び製品を欲しいと感じたとき、もしかしたらまた違う他社製品を閲覧し、そのまま自社製品と比較せずに購入してしまうかもしれません。もし自社の製品と比較していれば購入していた可能性は高いのに……と後から思っても遅いのです。ではなぜユーザーは自社サイトを見なかったのでしょうか?
 
原因はシンプル。ユーザーが自社製品の存在を忘れていたから。「欲しい」と感じた瞬間に画面上に示されている製品が、ユーザーの希望にそっていれば比較する必要はありません。そしてこの、「欲しいと思った瞬間」に広告を表示できるメリットを持つ広告がいわゆる「リマーケティング広告」です。このリマーケティング広告を使えば、離脱したユーザーに対して、再度サイトへの訪問をアプローチすることができるのです。
 
今回はこのリマーケティング広告とはどんなものか、どうやって設定を行って使えばいいのかまで、リマーケティング広告の概観をご紹介します。

関連記事

おすすめ記事