マーケティング

マーケティング

【Webサイトの構築前に決定しよう】今すぐ実践!SEO戦略における3つの焦点

432 views

ウェブサイトやビジネスが運用開始された後にSEOを考慮しだした場合、ウェブサイトの再構築などの対応が必要となる場合があります。

 

本記事ではウェブサイトを設計、構築する前に考慮されるべき事項に焦点を当てます。

 

 

 

広範囲の戦略

1.どのように企業の使命をオンライン上で伝えるか

使おうとしている文章は顧客の疑問を明確に表現していますか?文章や単語のオンライン上での競争率はどうですか?もし競争率が高すぎる場合、代替案を考えた方がいいでしょう。

 

 

2.オンラインでの競争相手について

ウェブサイトの構造、ユーザー体験などに関する決定をするために、検索時の競争相手/ビジネス上の競争相手/業界を跨いだ競争相手といった3タイプの競争相手を認識し、サイズとパフォーマンス/どのように差別化を図っているのか/ウェブサイトの構造で特殊な点はあるか、などの観点から分析しましょう。

 

 

技術面で将来的に再構築することを避けるために考慮したいこと

  1. 1.HTTPかHTTPSか

HTTPかHTTPSかを決めます。多くの場合はHTTPSとなるでしょう。HTTPSであることは、Googleのランキング要素の一つでもあります。

 

 

  1. 2.正式なURLの決定

Googleが複数のURLから同じコンテンツにアクセスできる場合、ウェブページがお互い競争し合ってしまう可能性があります。

 

 

開発者から見ると、データベース中に一意のIDを持っていればそのページはユニークです。しかし、サーチエンジンからするとURLがユニークかどうかの要因になります。開発者は、コンテンツが一つのURLからのみアクセスされるように意識することが大切です。

 

 

  1. 3.サイトスピード

開発者は、コーディングの納期に気を取られてサイトのスピードにまで気が回らない可能性があります。始めにスピードの重要性を伝えましょう。

 

 

  1. 4.編集のしやすさ

Googleは推薦事項と要件をよく更新します。そのため、サイトの更新を簡単に行えるようにした方が良いでしょう。

 

 

 

デザイン面で将来的に再構築することを避けるために考慮したいこと

  1. 1.構造

サーチエンジンとユーザーが簡単にコンテンツを見つけられるようにするために、トップページから4クリック以内に全てのページが収まるようなフラットな構造をお勧めします。

 

 

  1. 2.機械リーダビリティ

Javascript、Flash、Ajaxなどの技術を使っている場合、クローラーが理解できない可能性があります。構造化データでマークアップするようにしましょう。

 

 

  1. 3.レスポンシブデザイン

モバイルがウェブにアクセスする手段として大きな割合を占めてきています。長期的なゴールは、全てのデバイスにおいてシームレスで統一されたユーザー体験を提供することです。レスポンシブデザインやダイナミック配信がその方法となります。

 

 

 

 

本記事では、ウェブサイトの開発前に気を付けたい事柄をご紹介しました。

 

 

 

 

※本稿は 「Strategic SEO Decisions to Make Before Website Design and Build」を翻訳・再編集したものです。

関連記事

おすすめ記事