マーケティング

マーケティング

マーケター必読!VR、IoTなど…マーケティングが変わる6のトレンド

381 views

Webサイトを活用したコンテンツマーケティングはビジネスに大きな成長をもたらし、今では多くの企業がこぞって取り組んでいます。しかし、そんな一大ムーブメントであるコンテンツマーケティングもテクノロジーの進歩の影響を受け、その形を大きく変えてゆく可能性があります。今回は、2017年に起こりうる、コンテンツマーケティングにおける6大トレンドをまとめてみました。

 

AI(人工知能)

artificial-intelligence

今ではAIは未来につながる素晴らしいテクノロジーだと広く認識を得ています。AI技術が発達すると、プログラムによる人間言語およびコンテンツ内容の理解が高度化することでしょう。そうなれば、SEOや今後のサーチエンジンの評価基準が激変することが考えられます。

 

IoT(インターネットオブシングス)

internet-of-things-796x517

現在、インターネットにつながっているモノの代表としてスマートフォンが挙げられますが、今後は冷蔵庫などの一般家電などもその対象となると予想され、ユーザーはインターネットにつながるために従来のデバイスに縛られなくなります。したがって、多様なデバイスに応じることのできるコンテンツをいかに展開できるかが、コンテンツ制作者にとって重要となるでしょう。現在のコンテンツマーケティングはサーチエンジンやSNSを入り口としてターゲット層にコンテンツを提供するパッシブな仕組みですが、IoTが浸透すれば、店の前を通るユーザーにリアルタイムアラートを送信するなど、よりダイナミックに変化していくと考えられます。

 

VR(仮想現実)とAR(拡張現実)

virtual-reality-796x479

ビジュアルコンテンツのニーズが拡大している今、バーチャルリアリティは、コンテンツマーケターにとって刺激的なマーケティングアリーナとなってきています。

とりわけ、昨年のポケモンGoの世界的な流行に示されるように、オーギュメンテッドリアリティ(AR)に関わるテクノロジーの進歩は、今後も全く新たなコンテンツ消費のプラットフォームを開拓していくと予想されます。

 

LiveストリーミングAA

video-streaming-796x531

FacebookがLiveストリーミング機能の実装を踏み切ったことから今後重要性が増してくると考えられています。コンテンツマーケティングもリアルタイムで鮮度の高い情報発信が求められるようになるかもしれません。

 

サーチエンジンのアルゴリズム

search-engine-796x529

RankBrainなどの自己学習機能が実装された、高度で複雑なアルゴリズムを持つサーチエンジンを相手にする際には、有効な対策を考えるのはコンテンツマーケターにとって至難の業といってもよく、従来の方法はより複雑化せざるをえなくなることが予想されます。

 

ECとソーシャルメディア

e-commerce-and-social-media

ECサイトとFacebookやInstagram、Pintarestなどのソーシャルメディアの連動は長らくの間、マーケターにとっての研究課題でした。近年のソーシャルメディアの動向を見ると、ページの中にECサイトを構築するサービスなども台頭しており、ECサイトとの統合性が目につきます。この動向は、2017年以降も、ECにおけるゲームチェンジャーとなっていくと考えられます。

 

いかがでしたか。テクノロジーの進歩はスピードが速く、追いかけるだけでも大変ですが、あっと驚くようなチャンスを見出せる可能性もなきにしもあらず、できるだけ柔軟な適応を試みたいものです。その際は、上のまとめをぜひ参考にしてみてくださいね。

 

(※本稿は「Technology trends that will transform content marketing in 2017」の一部を翻訳・再編集したものです)

関連記事

おすすめ記事