プログラミング

プログラミング

リニューアルなしで既存サイトのCMS化が可能!?開発者のためのCMS「PostEase」、リリース

551 views

WEBサイトを受託開発する制作会社や個人デベロッパーのためのCMSが登場!キートンから、シンプルでパワフルな新世代の超軽量CMSとして「PostEase(ポストイーズ)」がリリースされました。

 

PostEaseは、「ユーザページと管理機能の分離」をテーマに開発された、これまでにはない新しい概念のCMSで、WEBサイト全体を管理するのではなく、データのみを管理するというもの。CMS化したいWEBサイトをPostEase専用APIで接続すれば、どのようなWEBサイトでも自由にCMS化することが可能だということです。

 

■柔軟に実装できる

PostEaseでは、「ページ単位でCMS化」「コンテンツ単位でCMS化」など、柔軟な実装が可能。CMS化の必要のない静的コンテンツはそのままにしておくことで、WEBサイト全体の表示速度を犠牲にしません。

 

また、専用APIは極めてシンプルなため、従来のCMSのように独自仕様を学習する必要がほとんどないため、CMSの独自仕様に縛られるストレスを感じることなく、開発者が自由に実装できる点も大きなメリット。開発コストの大幅な削減も可能になります。

 

また、ユーザページと管理機能を分離することで

・リニューアルすることなく既存サイトにCMSを導入

・WEBサーバとアプリケーションサーバを分離する

など、従来の動的CMSでは難しいとされていたケースにも容易に対応できます。

 

■強力な管理機能

以下のような機能を備え、新規案件、リニューアル案件に関わらず、小規模案件からマルチサーバ環境を必要とする中規模以上の案件まで幅広く利用できます。

 

・独自テンプレートの作成

・ドメインの異なる複数サイトの集中管理

・多言語サイトの構築

・複数組織からのマルチログイン

・投稿のバージョン管理 など

・複数のWEBサイトを集中管理 など

 

ベーシックライセンス:永年無料。

ビジネスライセンス:2017年1月頃発表予定(180日間は無料で提供)

 

制作会社や開発会社の皆さんや個人デベロッパーの方は、試してみてはいかがでしょうか

 

詳細情報と申し込みは、以下のサイトでどうぞ。

https://www.postease.org/

関連記事

おすすめ記事