プログラミング

プログラミング

ユーザにとって使いやすい!フルスクリーンメニューの作り方【HTML・CSS・jQuery使用】

261 views

この記事では、HTMLとCSS3、そして少しのjQueryでフルスクリーンのナビゲーションメニューを作ってみます。ここではGoogleフォント、特にMontserratを使用しますので、忘れないようにしてください。

 

 

 

HTML

いつも通りにHTML構造を作ります。ここでは以下のものが必要になります。

  • ・ナビゲーションバー。左端にロゴを、右端にボタンを2つ配置します。ボタンはサインインとフルスクリーンのオーバーレイを起動するために使います。
  • ・メニューと閉じるボタンを配置するフルスクリーンオーバーレイメニュー。

 

 

これでHTML部分は完成です。次はCSSで見た目をデザインしましょう。

 

 

CSS

まずはbody部分とナビゲーションバーのスタイルを作りましょう。bodyはベーシックな見た目を基本に、クールな背景画像を加えます。

 

 

 

次はナビゲーションバーです。高さ90px、幅100%とし、displayにはflexを、justify-contentプロパティはspace-betweenとします。こうすることで2つのエレメントのひとつが左側、もうひとつが右側に配置されます。サインインのボタンも忘れてはいけません。

 


 

 

さあ、ここは少し大変です。オーバーレイメニューを作っていきます。

 

 

 

overflowはhiddenに、positionをfixedにします。後からトランジションを追加すれば、オーバーレイが格好いいエフェクトで表示されますよ。

 

では次にナビゲーションのタイトルとメニュー項目をスタイリングしましょう。

 

 

 

メニュー項目とボタンにはホバー時のエフェクトも加えましょう。疑似要素のパワーがここで発揮されますよ。

 

 

 

 

また.openクラスが適用された場合にフェードイン効果が加わるようにしましょう。

 

 

これでいい感じに動きます!他のボタンもホバー時にアニメーションするようにしていきましょう。

 

 

 

ナビゲーションバーと閉じるボタンはホバー時に少しスケールするようにしておきましょう。

 

 

 

 

jQuery

CSSまで完成したので、あとはクリックイベントでメニューが開くようにします。こうした動作にはjQueryが最適です。

 

 

 

これで完成です!いかがでしたか?これをベースにお好きに改造して、ぜひいろんなメニューを作ってみてください。

 

 

 

本稿は「Create a Full-Screen Navigation Menu in CSS3 & jQuery」を翻訳・再編集したものです。

関連記事

おすすめ記事