サービス

サービス

ウォレット時代の幕開けに向けて。会員カードやクーポンをApple Walletに対応させるサービスがスタート

303 views

日本でもApple Payのサービスがスタート。iPhoneやApple WatchのWalletにクレジットカードやSuicaなどを登録して、支払いに使うことができるようになりました。今後はさらに、「パス」の利用も拡大していくことが予想されています。

 

Apple Walletのパスには、会員カード・クーポン・チケットを保存することが可能。また、1次元バーコードも利用できるので、日本の多くの店舗で使用されているPOSシステムでも、バーコードによるパスの利用が可能となっています。これらを使えば、ほとんどの支払いやポイント管理などが、パスで管理できるということになります

 

このような市場を見込んで登場したのが、今回のサービス。紙やプラスティックの会員カード・クーポン・チケットなどをデジタル化したい企業や、自社アプリをもっと拡大させたい企業に、Apple Walletに対応するソリューションを提供します。このサービスを使えば、Apple Walletに対応した会員カード、クーポン、チケットなどのデジタルコンテンツを作成・管理できることはもちろん、既存のCRMシステム、POSシステム、アプリなどと連携させることもできます。

 

 

サービスを提供するグマッカルは、香港のPassKitとの業務資本提携により、このサービスを提供。すでにサービスの提供を開始している、簡易アプリ作成ソリューション「MobAppCreator」を使って、パスとシームレスに連携したアプリの開発もサポートしていく予定だということです。

 

Applr Payに次いで、年内はAndoroid Payのサービス開始も予定されており、日本でもウォレットサービスの環境が整いつつあります。それに伴って、従来の紙やプラスティックの会員カードなどは徐々にデジタル化され、かさばりがちな財布に替わってスマホで管理されるようになっていきそう。スマホ向けアプリ開発でも、このような動きとの連携が必要になりそうです。

 

Apple Wallet対応ソリューションについて詳しくは以下のサイトで。

http://www.gmacal.co.jp/

関連記事

おすすめ記事