サービス

サービス

必要なのは反射神経だった!1ヶ月・1日・1時間の練習で英会話が上達するアプリの秘密とは…?

1,155 views

英会話の上達には「反射神経」が必要だって、知ってました?日常会話で使う語学レベルは中学~高校初級程度で十分。それなのに英会話が難しいのは、知識があっても、それを反射的に引き出すことができないからだったのです。

 

会話というのは、「相手の言葉を一時的に脳に記憶し、それに反応して発話する」ということの繰り返し。日本語で話すときは、私たちはこれを無意識に、反射的に行っています。だから、英語の記憶力を鍛えて、英会話に必要な反射能力を高めれば、英会話力を強化することができる…というわけなんです!

 

 

ということで、この反射能力を高めてくれるアプリが登場! iPhone、iPad向け英会話教材アプリ「UDA式リテンション・トレーニング」が、App Storeで販売開始されました。1ヶ月1日1時間の練習で、英会話に必要な反射神経が身につきます!

 

 

リテンション・トレーニングって?

ちなみに、反射神経を高めるために欠かせない「記憶を保持する力」のことをリテンションと言います。そして、それを強化する訓練は、昔からプロ通訳者の同時通訳のトレーニング法としても使われているのだそうです。UDA式リテンション・トレーニングは、そのプロ通訳者用のトレーニング手法をもとに開発した、一般の英会話学習者向けのトレーニング法です。

 

アプリは、スマホから聞こえる相手の質問に対し、お手本とほぼ同じ早さとイントネーションで答えられるようになるまで繰り返し練習することで、リテンションを効率的に強化するように設計されています。

 

空き時間を利用して、アプリで英会話の勉強をしている…という方は多いと思いますが、アプリを変えれば、もしかしたら会話力が高まるかもしれませんよ!

 

 

「UDA式リテンション・トレーニング」アプリ商品紹介ページ

http://www.uda30.com/retention/

 

・販売価格

ベーシックコース:税込 1,200円

ステップアップコース:税込 1,200円

ベーシック・ステップアップコース2本セット:税込 1,800円

関連記事

おすすめ記事