サービス

サービス

はてな×KDDI、サーバー監視サービス「Mackerel」を使った新メニューが誕生!

381 views

株式会社はてなによると、KDDI株式会社の提供する法人向けクラウド基盤サービス「KDDI クラウドプラットフォームサービス(KCPS)」の運用メニュー「マネージドオプション」において、同社のサーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」が採用されたそうです。

 

「マネージドオプション」は「Basic」の提供を開始しました。

 

今後、同社は、国内有数の規模を誇るクラウド基盤サービスであるKCPSを通じて「Mackerel」の販売を強化していくとのこと。

 

「Mackerel」は、サーバーにおける各種ハードウェアやアプリケーションソフトウェアの性能をリアルタイムに監視することができるSaaS型サーバー監視サービス。

 

「はてなブックマーク」や「はてなブログ」などの大規模な個人ユーザー向けサービスの提供で培ってきたサーバー・インフラ環境の管理ノウハウをもとに開発し、継続的な機能開発に取り組んでいます。

 

・多数のOSSツールやサードパーティのサービスと柔軟に連携
・エンジニアの多様なニーズに対応
・手軽に導入できるシンプルさや洗練されたデザイン
・直感的なUI(ユーザーインターフェース)

 

が特徴。

 

「KCPS」のマネージドオプションは、KCPSの利用者に向けたサーバー監視サービスの導入・運用をサポートするメニュー。

 

はてなではマネージドオプションのためにカスタマイズした「Mackerel」を提供。

 

「Mackerel」は手軽な導入からニーズに合わせた高度な設定までできる柔軟なサービスです。

 

「KCPS」のマネージドオプションでは、KDDIが長年のキャリア運用で培った高度な監視設定技術を活かしたKDDIオリジナルの基本監視が自動設定されるため、誰でもカンタンに「Mackerel」を利用可能です。

 

KCPSでは「Basic[月額2,500円(税抜)/仮想サーバー]」のほか、KDDI担当者による運用代行を含む「Professional」の提供を今後予定しているのだそう。

 

はてなによる「Mackerel」の提供推進によって、効率的な開発・運用プロセスへの革新が期待できそうです。

関連記事

おすすめ記事