サービス

サービス

産業・用途別のソリューション「CaaS」がスタート!IoTを構成する要素技術をコンポーネント化し提供!

315 views

株式会社インターネットイニシアティブの100%子会社で法人向けWANサービス事業などを展開している株式会社IIJグローバルソリューションズは、IoTシステムの構築に必要な技術をコンポーネント化し、特定業種の用途に応じたIoTソリューションとして提供する事業モデル「CaaS(Component as a Solution)」を本日より開始しました。

 

あらゆるモノがネットワークでつながり、デバイスから収集されたデータの分析、可視化を実現するIoTは、幅広い領域への適用が期待されています。

 

しかしながら、IoTシステムの構築には、さまざまな技術を実装することが必要。端末やネットワーク、集積データの分析処理基盤など必須となるITリソースも多岐に及ぶそう。

 

そのため企業は、各種ソフトウェア、ネットワーク、ゲートウェイ機器、クラウド環境などを個別に調達する必要があり、IoT活用の課題となっています。

 

課題に対応するため、IIJグローバルではIoTシステムの構築に必要な要素技術とITリソースをコンポーネント化し、各種業界向けソリューションとしてワンストップで提供するCaaSモデルを開発したとのこと。

 

CaaSを利用することで、産業分野や用途に応じて必要なコンポーネントを組み合わせ、低コストかつ迅速にIoT環境を構築することができるようになります。

 

CaaSでは、主要なコンポーネントとして、デジタルサイネージ用システム・IPカメラ監視システム・総合エネルギー・設備マネジメントシステムといった業界向けプラットフォーム、ゲートウェイ機器、ネットワークを用意。

 

各コンポーネントは、IIJグローバルの拠点間ネットワーク構築・運用のノウハウにIIJのネットワークサービスやIIJ IoTサービス、パートナー企業の製品・ソフトウェアを活用することによりエレベータやタクシー、監視カメラなど各産業で異なるプロトコルやインタフェースにも幅広く対応していくとのことです。

 

株式会社IIJグローバルソリューションズ

http://www.iijglobal.co.jp/

関連記事

おすすめ記事