サービス

サービス

モバイルファースト時代のWEB制作は順序が逆!だから登場、「PC向け表示最適化サービス」

264 views

これまでのWebサイトの制作では、まずPC向けのものをつくり、それをベースとして「スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス向けの表示を最適化させていく」という方法が多く取られていましたよね。

 

しかし、Googleのモバイル検索優遇の動きなども見られるのが今。スマートデバイス向けのWebページがベースとなり、「PCに向けてコンテンツの表示を最適化させていく」という、従来とは逆の方法がより一般化していくと予想されます。

 

このような流れを受けて、ミックスネットワークが新サービスを発表。スマートデバイス向けのWebページをベースとし、PC向けに必要なコンテンツやWebシステムを組み込むといった「従来とは逆」のサービスとして提供します。

 

 

「PC向け表示最適化サービス」とは?

このサービスでは、スマートデバイス向けに作成されたWebページをPC向けに表示最適化するだけではなく、PCで利用するのに必要な専用コンテンツや、他のシステムからの情報等を組み込むことができるようになります。そのため、PCで利用するシーンに合わせた情報提供ができるWebサイトの運用が可能になります。

 

■Googleのモバイル検索優遇の動きに対応したサービス

今回のサービス提供の背景には、Googleのモバイル検索優遇の動きがあります。2015年4月のモバイルフレンドリーアップデートに続いて、2016年10月には、スマートフォン向けWebページの評価を主として検索結果を決める「モバイルファーストインデックス」の将来的な導入が発表されています。

 

また、「日本や米国を含む10ヶ国で、Googleを利用したモバイルからの検索件数がPCの検索件数を上回った」という Google公式発表も出ています。今回のサービスは、このような動きにいち早く対応したもの。サービスへの問い合わせは以下のページから、どうぞ。

 

http://www.sitepublis.net/news/pcservice.html

関連記事

おすすめ記事