サービス

サービス

【携帯電話税】って導入されそうなの? 世間の意識調査により意外な結果が!

194 views

携帯電話を所持しているだけで税金がかかるとも言われている【携帯電話税】。もしそうならば実現すると、日本ではほとんどの国民が課税対象になるかもしれません。2014年に行われたヤフーによる意識調査では、反対83%、賛成15%、分からない2%と、世間からは反対意見が多数出ているようです。

 

▼ ヤフーの意識調査

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/11763/result

 

しかし、今回株式会社ジャストシステムが、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年3月度)』を実施した結果、興味深い結果が得られたようです。その調査結果がこちらになります。

 

携帯電話税への意識調査

 

main

★ スマホユーザーの4割「料金が安くなるなら【携帯電話税】に前向き」!
税収確保策のひとつとして検討されたこともある「携帯電話税」について、38.1%が「今よりもさらに携帯電話の料金が安くなるならば前向きになってもいい」と答え、18.8%が「今よりもさらに料金が安くなるならば、ひとつのアイデアとして理解はできる」、14.4%が「ひとつのアイデアとして内容ぐらいは聞いてもいい」と回答。

単純に携帯電話税が導入される、となると反対意見が優勢になりますが、もし携帯電話会社が携帯電話税の導入を受けて料金の値下げをし、その結果料金が安くなるとした場合は前向きに考えてもいいという意見が多くなるようです。

 

 

そのほかの調査結果

 

 格安スマホの利用率が1割を突破
通信速度などが制限される代わりに、月額の利用料金が安い「格安スマホを現在利用している」人は、2015年5月度の調査時に5.8%でしたが、3月末現在、10.1%へと増加したそうです。

★ 数秒間の「ショートムービー」を一番投稿するのは「LINE」、視聴するのは「Twitter」
数秒間の「ショートムービー(動画)」を投稿・視聴できるSNSのうち、「よく投稿する」との回答が多かったのは、「LINE」(11.9%)、「Twitter」(10.0%)、「Facebook」(9.9%)でした。

一方、「よく視聴する」SNSとしては、「Twitter」(21.1%)、「Facebook」(18.1%)、「LINE」(17.6%)という回答になりました。

 

そのほか、ジャストシステムが集計データとしてまとめた全150ページの調査結果レポートは、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロードできるようになっています。是非チェックしてみてください。

関連記事

おすすめ記事